コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルヌービエ Renouvier, Charles Bernard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルヌービエ
Renouvier, Charles Bernard

[生]1815.1.1. モンペリエ
[没]1903.9.1. プラド
フランスの哲学者。 1834~36年エコール・ポリテクニクで数学を学び,A.クールノと A.コントの影響を受けた。初めは社会主義的立場から政治的活動を行なったが,51年末ナポレオン3世のクーデター後は哲学的著述に専念。 67年月刊誌『哲学年報』L'Année philosophiqueを創刊。 1900年道徳政治学アカデミー会員。カントの批判的精神の復興を主張するとともに,実証主義的要素をも加えて批判主義を徹底させたので,「新批判主義」とも呼ばれる (→批判哲学 ) 。徹底的個人主義をとりつつ人間や集団間の抗争を悪とみなし,教育によって個人の自由が完全に発現されれば,全的平和が訪れるとした。主著『一般批判試論』 Essai de critique générale (4巻,1854~64) ,『新単子論』 La nouvelle monadologie (99) ,『人格主義』 Le personnalisme (1902) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルヌービエ【Charles Renouvier】

1815‐1903
フランスの哲学者。当代の主潮流である実証主義に学びつつ,その感覚的経験主義を批判して,カントの批判主義をとり入れ,形而上学を排した認識の普遍的法則の定立を目ざした。その哲学は,〈新批判主義〉〈批判的合理主義〉と呼ばれ,19世紀フランス哲学に大きな影響を与えた。おもな著作に,《一般批判論》(1854‐64),《道徳科学》(1869),《人格主義》(1902)などがある。【荒川 幾男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルヌービエ
るぬーびえ
Charles Renouvier
(1815―1903)

フランスの哲学者。モンペリエの生まれ。理工科大学校(エコール・ポリテクニク)を卒業。「一八四八年の革命」では共和主義者として活躍したが、その後思索生活に入る。カントの批判主義を受け継いでおり、その限りではドイツの新カント派の立場と類似し、新批判主義とも称される。だが、物自体、絶対者などをいっさい認めず、徹底した現象論の立場にたつ。現象としての外界を規定するのは関係のカテゴリーであり、これが次々に具体化されることによって、意識の統一としての人格が形成される。この「われ」の人格は自由なモナド(単子)であるとされるが、このように自我に自由を認めたところから、フランス特有の新カント主義の道徳的傾向が出てくる。著書に『一般批判論』(1854~1864)、『道徳の科学』(1869)、『新単子論』(1899)、『人格主義』(1902)などがある。[足立和浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルヌービエの関連キーワードジェームズアムラングールルキエ

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android