コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルル

4件 の用語解説(ルルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ルル

第一三共ヘルスケアが販売するかぜ薬のブランド。「ルルアタックFX」「ルルアタックEX」「新ルルA錠」などがある。

ルル

オーストリアの作曲家アルバン・ベルクドイツ語によるプロローグと全3幕のオペラ(1937)。原題《Lulu》。十二音音楽の代表的なオペラとして知られる。

ルル

中国、長春で開催された2007年アジア冬季競技大会の大会マスコットアシカモチーフ

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルル【Lulu】

ベルクの晩年のオペラで,《ウォツェック》とともに20世紀最大のオペラの傑作と評価されている。ベルクは1929年にウェーデキントの戯曲《地霊》《パンドラの箱》をもとに台本を作ってオペラの作曲にとりかかり,まず34年に《ルル交響曲》という形でまとめて師シェーンベルクの60歳の誕生日に彼にささげた。しかしオペラは35年のベルクの死によって第3幕の途中で中断されたままになった。作曲家兼指揮者のツェルハFriedrich Cerha(1926‐ )が,第3幕のスケッチノートをもとに補作完成し,この3幕完全版の《ルル》は,79年2月,カナダ出身のソプラノ歌手ストラータスTeresa Stratas(1938‐ )のルル,P.シェローの演出,ブーレーズの指揮によって世界初演され大きな話題を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルルの言及

【表現主義】より

…十二音技法に入ってからシェーンベルクの音楽は構成的な明晰さを増し,ウェーベルンは抽象的な作風となって表現主義の時代を終わる。ベルクのみが未完のオペラ《ルル》(1935)に至るまで生涯表現主義的であり続けた。この時期の代表作としてシェーンベルクの《期待》(1909),《ピエロ・リュネール》(1912),ウェーベルンの《弦楽四重奏のための六つのバガテル》(1913),ベルクのオペラ《ウォツェック》(1912‐24)などがある。…

【ブルックス】より

…アメリカの映画女優。〈ファム・ファタル(運命の女,妖婦)〉の代名詞にすらなっている娼婦ルルを演じた女優として不滅の名を残し,〈断髪(ボブ・ヘア)のバンプ〉と呼ばれる伝説的なスターである。カンザス州生れ。…

※「ルル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルルの関連情報