コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地霊 ちれい Der Erdgeist

6件 の用語解説(地霊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地霊
ちれい
Der Erdgeist

ドイツの戯曲。4幕。 F.ウェデキント作。 1895年に発表され,『パンドラの箱』 Die Büchse der Pandora (1904) とともに2部作をなす。人間の自然な本能的衝動を抑圧する社会の偽善性を批判した作品で,97年にミュンヘンで初演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

地霊
ちれい
Erdgeist

アニミズムの一種で,ある土地に宿り,その土地を所有したり,その豊穣を司ったり,またそこに住む人や物を守護したりすると信じられている精霊をいう。地霊に対する信仰はさまざまな形をとるが,世界的に広く認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ち‐れい【地霊】

大地に宿るという精霊。「地霊信仰」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちれい【地霊 earth spirit】

大地に宿り,農耕をはじめ人間生活全般を支配すると信じられた霊的存在。古代において大地を基盤とする人間の営みは,その場所に宿る地霊の承認と保護を得てはじめて可能になり,そのため各季節の節目に行われる豊穣祭など地霊との交流は人々にとって最も重要な関心事であった。地霊の働きには二面性があり,人々に土地を耕させ恵みを授ける慈愛の性質と,それとは逆に地震や干ばつをひき起こす過酷な性質とが同居する。前者はみずからの肉体を傷つけて子孫を養う地母神として,後者は地霊に従わぬ人間を襲う怪物や荒ぶる神として発現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちれい【地霊】

大地に宿るとされる霊的な存在。万物をはぐくみ恵みを与える一方で、地震などの災厄をもたらすという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地霊
ちれい

土地の精霊や神をいう。その代表的神格が地母神である。一般に、大地の神は女性神と考えられており、アフリカアメリカポリネシアなど各地に、大地(女神)が天(男神)と結合して自然界の万物を産み出したとする起源神話が伝わっている。地母神の姿は、胸部や生殖器など女性性が強調されることが多く、多産や豊穣(ほうじょう)の機能と結び付いている。とくに農耕民文化にはその傾向が強く、作物の豊穣を祈って、食物から人までさまざまな供物による供犠(くぎ)やオルギー(乱飲乱舞などの宗教的狂乱)的な儀礼が行われる。たとえば、インドのコンド人では、地母神を表すいけにえが切り刻まれて、その肉は地中に埋められる。また、古代メキシコでは、地母神はトウモロコシの女神であり、多くの口や胸を有したカエルの姿でも表されたが、その祭儀では、女神に見立てられた女性が殺されたといわれる。そのほか、耕作の開始や建物の建築の際には、地霊の怒りを招かないために、供物を地中に埋めるなど入念な供犠が行われる。また、地震は、地中の動物や死霊、そして地母神などの動きによって生じるとの信仰も広く認められる。[白川琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地霊の言及

【竜】より

…アリストテレスなどの記述に,翼ある竜はエジプトやエチオピアに産し,巨大なヘビ型の竜はインドに住むとあるが,前者は神としての有翼蛇,後者はニシキヘビの姿がもとになっているらしい。 強大な獣の属性を完備し,地中の秘密ないし生産力を独占する竜は,権力や豊穣の象徴であり,授精力をもつ地霊の性格をあらわす。その超自然的な力は畏敬の対象であり,古代ローマでは軍団が竜の旗を掲げ,西ヨーロッパ,とくにイギリスでは王家の紋章に用いられた。…

※「地霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地霊の関連キーワード雑草草の宿り大地に槌農耕船宿りギャートルズはじめ人間ギャートルズはじめ人間ゴン食品害虫地震災害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地霊の関連情報