ルンペンプロレタリアート

百科事典マイペディアの解説

ルンペンプロレタリアート

ドイツ語Lumpenproletariat。Lumpenは〈ぼろくず〉のマルクス主義の用語。プロレタリアートとは区別して用いられ,生産的労働に就かない浮浪者,犯罪者などをさす。マルクスによれば,彼らは支配階級によって容易に買収され,プロレタリアートの運動の高揚に対して反動的役割を果たすことが多いとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ルンペン‐プロレタリアート

〘名〙 (Lumpenproletariat) 長期の失業・貧困によって労働意欲を喪失して労働者階級から脱落し、心身ともに疲弊した極貧層。
※明治維新の革命及び反革命(1933)〈服部之総〉一「都市貧民は最下層の小ブルジョアジー及びルンペンプロレタリアートである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android