コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーゴン・マッカール ルーゴンマッカール

百科事典マイペディアの解説

ルーゴン・マッカール

ゾラの20巻の小説の総題。1871年―1893年刊。バルザックの《人間喜劇》にならい,反動的な第二帝政期における農夫ルーゴン,飲んだくれのマッカールの子孫の変転を,社会的のみならず,生理学・遺伝学の方法論をも取り入れて描いた代表的な自然主義文学。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ルーゴン・マッカールの関連キーワード居酒屋(ゾラの小説)自然主義(文芸)ナナ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android