コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーゴン・マッカール Les Rougon‐Macquart

1件 の用語解説(ルーゴン・マッカールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルーゴン・マッカール【Les Rougon‐Macquart】

自然主義の小説家エミールゾラの代表作シリーズ。〈第二帝政期におけるある一族の自然的・社会的歴史〉という副題をもち,全20巻より成る。この構想を立てたのは1868年,ゾラ28歳のころといわれ,最初は全10巻の予定であった。しかし,第1巻《ルーゴン家の繁栄》を71年に出して以来,彼の構想はしだいにふくらみ,以後ほぼ1年に1巻の調子で書きつづけ,最終巻を出したのは93年,53歳のときであった。第2巻以後の表題を順に列記すると,《饗宴》《パリの腹》《プラサンの征服》《ムーレ師の罪》《ウジェーヌ・ルーゴン閣下》《居酒屋》《愛の一頁》《ナナ》《ごった煮》《ボヌール・デ・ダーム百貨店》《生きる喜び》《ジェルミナール》《制作》《大地》《夢》《獣人》《金銭》《壊滅》そして《パスカル博士》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルーゴン・マッカールの言及

【自然主義】より

… しかし,自然主義に明確な理論的基盤が与えられ,流派が形成されるには,なおゾラの登場を待たなければならなかった。ゾラは,まず《テレーズ・ラカン》(1867)によって科学研究に類する小説を書きえたと自負し,構築しつつあった自然主義理論に対する確信を深めたあと,やがて,遺伝と環境に支配された〈一家族の自然的社会的歴史〉を描きつくすという壮大な意図のもとに,20巻の小説から成る〈ルーゴン・マッカール叢書〉(1871‐93)を書き始める。また,小説執筆のかたわら,ゾラは自らの自然主義文学理論を《実験小説論》(1880)にまとめあげた。…

※「ルーゴン・マッカール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone