コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートウィヒ2世(ドイツ王) ルートウィヒにせい[ドイツおう]Ludwig II, der Deutsche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルートウィヒ2世(ドイツ王)
ルートウィヒにせい[ドイツおう]
Ludwig II, der Deutsche

[生]804頃
[没]876.8.28. フランクフルト
東フランク王 (在位 843~876) 。カルル1世 (大帝) の孫。ルートウィヒ1世 (敬虔王) の3男。父の死後,末弟のカルル (のちの西フランク王カルル2世〈禿頭王〉) とともに長兄ロタール1世を破り,ベルダン条約 (843) でライン以東の東フランク王となった。一般にドイツ王国の建設者とされる。ロタール2世の死後メルセン条約 (870) で中部フランクのロタリンギアの大半を併合。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルートウィヒ2世(ドイツ王)の関連キーワードルートウィヒ1世(敬虔王)シュトラスブルクの盟約カルル2世(禿頭王)カルル3世(肥満王)東フランク王国ルートウィヒカルロマンザクセンカルル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android