コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ13世 レオじゅうさんせい Leo XIII

2件 の用語解説(レオ13世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ13世
レオじゅうさんせい
Leo XIII

[生]1810.3.2. カルピネト
[没]1903.7.20. ローマ
教皇 (在位 1878~1903) 。本名 Vincenzo Gioacchino Pecci。 1837年司祭。教皇使節,教皇大使,ペルジア司教,枢機卿を経て,77年教皇庁会計院長官。実証主義近代科学の急速な伸長,70年の教皇領消失という転換期にあって,西欧におけるカトリック復興に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

レオ13世
Leo ⅩⅢ


1810.3.2 - 1903.7.20
元・ローマ教皇,元・ペルジア司教。
ビテルボ(イタリア)生まれ。
本名Gioacchino〉 ジョアキノ〈Pecci ペッチ。
別名Gioacchino Vincenzo〉 ジョアッキーノ・ヴィンチェンツォ〈Pecci ペッチ。
生地のイエズス会で教育を受けたのち1824年ローマで神学、教会法、法学を修める。1837年司祭叙階、1843年ブリュッセルへの教皇大使を経て、1846年ペルージア司教、1853年枢機卿を歴任。1878年教皇就任以後各国との修交に努める。1891年公布の回勅「レルム・ノウァルム」で教会の画期的な社会教説を説き、1903年まで在位。他の回勅にトマス・アクィナスの教えの復権をはかった「永遠なる父の」(1879年)、神学研究を奨励した「最も先見のある神」(1893年)など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レオ13世の関連キーワードカルピスウォーターカルピスソーダカルピスダイエットカルピスの日ザ・プレミアム カルピスフルーツカルピス 完熟ぶどう&カルピスフルーツカルピス 白桃&カルピスフルーツカルピス マンゴー&カルピスフルーツカルピス ミックスフルーツ&カルピスほっとカルピス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レオ13世の関連情報