コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ13世 レオじゅうさんせいLeo XIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ13世
レオじゅうさんせい
Leo XIII

[生]1810.3.2. カルピネト
[没]1903.7.20. ローマ
教皇 (在位 1878~1903) 。本名 Vincenzo Gioacchino Pecci。 1837年司祭。教皇使節,教皇大使,ペルジア司教,枢機卿を経て,77年教皇庁会計院長官。実証主義的近代科学の急速な伸長,70年の教皇領消失という転換期にあって,西欧におけるカトリック復興に貢献した。ドイツ,ベルギーなど反教会的政府に対し協調的外交政策をもってのぞみ,82年フランスの聖職者に対し王党派との一面的関係を戒めた。イタリア政府には教皇領簒奪者とみる強い態度でのぞみ,教皇の独立性を守った。彼の外交政策は,まず 80年代に各国におけるキリスト教教育の復活という成果を結び,90年代にはプロテスタント諸国,特にアメリカにおけるカトリック勢力の復活をみた。またトミズムの意義を強調し,79年の回勅エテルニ・パトリス」でトマス・アクィナスを哲学,神学の指導者とした。 93年の回勅"Providentissimus Deus"で聖書研究を奨励し,社会問題についても,91年の回勅"Rerum novarum"において反社会主義を守りつつ,トマス説に立って国家や社会正義,労働を論じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

レオ13世
Leo ⅩⅢ


1810.3.2 - 1903.7.20
元・ローマ教皇,元・ペルジア司教。
ビテルボ(イタリア)生まれ。
本名Gioacchino〉 ジョアキノ〈Pecci ペッチ。
別名Gioacchino Vincenzo〉 ジョアッキーノ・ヴィンチェンツォ〈Pecci ペッチ。
生地のイエズス会で教育を受けたのち1824年ローマで神学、教会法、法学を修める。1837年司祭叙階、1843年ブリュッセルへの教皇大使を経て、1846年ペルージア司教、1853年枢機卿を歴任。1878年教皇就任以後各国との修交に努める。1891年公布の回勅「レルム・ノウァルム」で教会の画期的な社会教説を説き、1903年まで在位。他の回勅にトマス・アクィナスの教えの復権をはかった「永遠なる父の」(1879年)、神学研究を奨励した「最も先見のある神」(1893年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

レオ13世

生年月日:1810年3月2日
教皇(在位1878〜1903)
1903年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

レオ13世の関連キーワードニューマン(John Henry Newman)ギボンズ(James Gibbons)マーテル・エト・マジストラクァドラジェシモ・アンノジュゼッペ トニオーロジェームス ギボンズレールム・ノバールムキリスト教労働組合ピウス(10世)キリスト教民主党トラピスト修道会ウルバヌス2世エキュメニズムバチカン市国新スコラ哲学ネオトミズムピウス10世トニオーロサラザールロザリオ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android