コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レマルク Remarque, Erich Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レマルク
Remarque, Erich Maria

[生]1898.6.22. オスナブリュック
[没]1970.9.25. ロカルノ
ドイツの小説家。第1次世界大戦に従軍,復員後さまざまな職を転々としながら,1929年に小説『西部戦線異状なし』 Im Westen nichts Neuesを発表。戦争の残酷さを,俗語を駆使してリアルに表現したこの小説は,18ヵ月のうちに 25ヵ国語に翻訳され,350万部を売尽すという大ベストセラーとなった。続いて 31年,続編『帰還の道』 Der Weg zurückを刊行。 32年スイス亡命,翌年ナチスによって市民権を剥奪され,著書は禁書となった。 39年アメリカに移住。戦争小説『3人の戦友』 Drei Kameraden (1938) ののち,亡命者の運命を扱った『汝の隣人を愛せ』 Liebe deinen Nächsten (41) ,『凱旋門』 Arc de Triomphe (46) を発表,後者は再び 200万部のベストセラーとなった。 47年にアメリカ市民権を取得。その後の作品に『生命の火花』 Der Funke Leben (52) ,『愛するときと死するとき』 Zeit zu leben und Zeit zu sterben (54) ,『黒いオベリスク』 Der schwarze Obelisk (56) ,『リスボンの夜』 Die Nacht von Lissabon (63) 。遺作『パラダイスの影』 Schatten im Paradies (71) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レマルク

ドイツの小説家。第1次大戦に取材した反戦的小説《西部戦線異状なし》(1929年)で世界の人気作家となった。ナチスに迫害されスイスから米国に亡命。第2次大戦前夜のパリを舞台にする《凱旋門》(1946年)で再度世界的に成功。
→関連項目サーク新即物主義戦争文学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レマルク【Erich Maria Remarque】

1898‐1970
ドイツ生れの作家。本来はRemarkと書く。戦争文学の傑作《西部戦線異状なし》(1929)によって一躍世界的名声を得る。ナチスにドイツ市民権を奪われ,アメリカ,スイスに居住,1947年アメリカ国籍を取得。社会批判的・反戦的な長編小説で知られ,他の主要作品は,《隣人を愛せ》(1941),パリに亡命したドイツ人医師の生活と運命を描いた《凱旋門》(1946),《愛する時と死する時》(1954)など。【渡辺 健】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レマルク【Erich Maria Remarque】

〔本名 E. Paul Remark〕 (1898~1970) ドイツ生まれの小説家。反戦小説「西部戦線異状なし」で一躍世界的に有名になる。ナチスに追われ、アメリカに亡命し帰化。第二次大戦後、「凱旋門」「愛する時と死する時」などを発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レマルク
れまるく
Erich Maria Remarque
(1898―1970)

ドイツの作家。ドイツ北西部オスナブリュック生まれ。当初、音楽家を志す。第一次世界大戦に志願兵として出征し負傷。戦後、記帳係、通信員、教師、広告雑誌編集者など雑多な職業を転々。1929年長編小説『西部戦線異状なし』を発表、戦場における人間精神の荒廃を追求し、一躍世界的名声を馳(は)せる。ナチス政権下、同書は反軍的叙述と弾劾され焚書(ふんしょ)にあう。38年市民権を奪われ、翌年ニューヨークに移り市民権を得る。この間、注目すべき作品はなく、第二次大戦後『凱旋(がいせん)門』(1946)でふたたび文名を取り戻す。ほかに『愛する時と死する時』(1954)、『汝(なんじ)の隣人を愛せよ』(1941)、『黒いオベリスク』(1956)など。[古賀保夫]
『山西英一訳『愛する時と死する時』(新潮文庫) ▽松谷健二訳『リスボンの夜』(ハヤカワ文庫NV)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レマルクの関連キーワード凱旋門 エリッヒ・マリア・レマルクの小説による凱旋門(レマルクの小説)ノイエ・ザハリヒカイトベストフォール県プロレタリア演劇クリステンセンマイルストーンホルダラン県マグヌス4世ナチス文学リューカンノルハイム新築地劇団6月22日牧野 武夫山西 英一グレーザーカルバドス黒田礼二ベソース

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レマルクの関連情報