コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッセリーノ ロッセリーノ Rossellino, Bernardo

3件 の用語解説(ロッセリーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッセリーノ
ロッセリーノ
Rossellino, Bernardo

[生]1409. セッティニャーノ
[没]1464.9.23. フィレンツェ
イタリアフィレンツェ派の彫刻家,建築家。長く建築家アルベルティの助手をつとめ,フィレンツェの大聖堂やシエナのパラッツォ・プブリコの装飾に従事。フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂の『レオナルドブルーニ墓碑』 (1444~50) ではドナテロ流の熟練と構成の新しい明確化によって,フィレンツェ記念墓碑の定型を案出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロッセリーノ
ロッセリーノ
Rossellino, Antonio

[生]1427. セッティニャーノ
[没]1479. フィレンツェ
イタリア,フィレンツェ派の彫刻家。 B.ロッセリーノの弟。初め兄の手伝いをしながら学んだ。作品はフィレンツェのサン・ミニアート・アル・モンテ聖堂に制作した『ポルトガル枢機卿墓碑』 (1461~77) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロッセリーノ【Bernardo Rossellino】

1409‐64
イタリアの彫刻家。フィレンツェ近郊の,大理石の産地セッティニャーノで生まれ,フィレンツェを中心にトスカナ地方で活動。建築も手がけた。代表作《レオナルド・ブルーニの墓》(1451)は,大理石の建築的構造体に彫刻を組み合わせモニュメントで,背面は教会内壁と一体化している。これは,彫刻家である弟アントニオAntonio R.(1427‐79)の《ポルトガル枢機卿の墓》(1466)をはじめ,15世紀後半から16世紀にかけて多く作られた壁龕(へきがん)型墓碑の最初の本格的作品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロッセリーノの関連キーワードギベルティチェッリーニフィエーゾレフィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンフィレンツェ五月音楽祭デジデリオ・ダ・セッティニャーノフィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone