コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッパ族(珞巴族) ロッパぞくLuò bā zú

世界大百科事典 第2版の解説

ロッパぞく【ロッパ族(珞巴族) Luò bā zú】

中国のチベット自治区とインドとの国境地帯に居住する少数民族。人口は約2300人余(1990)。〈ロッパ〉というのはチベット族の彼らに対する呼称で〈南方人〉という意味であり,その自称は〈ボガエル〉〈ニエブン〉等居住地によって異なる。その言語はチベット・ビルマ語派に属し,少数の者はチベット語を話し,読むことができる。文字はないが,以前は刻木,結縄により意志を伝達していたという。1965年に単一民族として正式に認定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロッパ族(珞巴族)の関連キーワードチベット・ビルマ語派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android