ロビン・フッド(英語表記)Robin Hood

  • ろびんふっど

翻訳|Robin Hood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中世イギリスの伝説的英雄。 14世紀にまでさかのぼれる,一連バラッドで歌われた。一説によれば 13世紀にノッティンガムシャーに生れ,シャーウッドの森を根城に,リトル・ジョンやタック坊主らの豪傑を従え,悪代官を懲らし,貴族聖職者を奪い,貧しい人々を助ける義賊となって活躍する。庶民に愛される文学上の人物となり,W.スコットの『アイバンホー』 (1819) にも登場している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

12―13世紀英国の伝説的英雄。シャーウッドの森に住み,部下のリトル・ジョンやタック坊主などとともに悪政に苦しむ民衆を助けた義賊といわれる。古来英国民に愛されて多くのバラッドにうたわれ,スコットの小説《アイバンホー》(1819年)などの文学作品にも登場する。
→関連項目ノッティンガム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの伝説的英雄。実在の人物か、中世のバラッドがつくった人物か、出自については諸説がある。12世紀ごろシャーウッドの森にリトル・ジョンやタック修道士らの仲間と住み着き、悪代官や横暴なノルマン貴族、僧侶(そうりょ)から金品を奪い、貧者に分け与えたと伝えられる。みごとな長弓の腕前や、貧者に施す義賊ぶり、牧歌的な森の生活が共感をよび、イギリスでもっとも人気のある民衆的英雄。15、16世紀には恋人のメイド・マリアンとともに、五月祭の立役者にもなった。バラッドや劇、小説、童話、映画などで、その勇壮な冒険が繰り返し扱われている。ロビンを貴族化したアントニー・マンディの劇『ハンティントン伯爵ロバートの没落』と『ロバートの死』(ともに1598)や、W・スコットの『アイバンホー』、デュマの小説、ハワード・パイルの童話(1883)などが有名。[上野美子]
『小倉多加志訳注『ロビン・フッドの冒険』(1972・南雲堂) ▽H・パイル著、村山知義訳『ロビン・フッドの愉快な冒険』(岩波少年文庫) ▽上野美子著『ロビンフッド伝説』(1988・研究社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロビン・フッドの関連情報