コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロレンツェッティ ロレンツェッティ Lorenzetti, Pietro

4件 の用語解説(ロレンツェッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロレンツェッティ
ロレンツェッティ
Lorenzetti, Pietro

[生]1280頃
[没]1348頃
イタリアシエナ出身の画家。 A.ロレンツェッティの兄。シエナ派の祖ドゥッチオに学んだと思われるが,G.ピサーノらのゴシック的影響を強く受け,アッシジのサン・フランチェスコ聖堂の壁画『二聖者と聖母子』や『キリスト降架』などで,その激情表現を試みている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロレンツェッティ
ロレンツェッティ
Lorenzetti, Ambrogio

[生]?
[没]1348頃
イタリア,シエナ出身の画家。 P.ロレンツェッティの弟。兄とともにシエナ派の祖ドゥッチオに学んだと思われ,また S.マルティーニの影響も認められる。さらに G.ピサーノやジョットの影響をも受けている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロレンツェッティ(Lorenzetti)

イタリア、シエナ派の画家の兄弟。兄ピエトロ(Pietro[1280ころ~1348ころ])・弟アンブロージオ(Ambrogio[1285ころ~1348ころ])。兄は劇的な画風、弟はおおらかで人間味豊かな画風を特色とするが、ともに自然主義的な描写と遠近法表現を追求。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロレンツェッティ【Ambrogio Lorenzetti】

1290頃~1348頃) イタリア、シエナ派の画家。ドゥッチョに学ぶ。代表作「善政と悪政」(シエナ公会堂壁画)。兄のピエトロ(Pietro 1280頃~1348頃)もシエナ派の画家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロレンツェッティの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone