ロータリーキルン

  • rotary kiln

百科事典マイペディアの解説

回転とも。塊状,粒状,粉状の物体の焼成,灼熱などに用いられる横型連続式の窯。鋼製円筒の内部を耐火煉瓦で内張りしたもので,3〜5%の緩勾配(こうばい)をつけてロール上に横に置き,回転させて下部窯口から微粉炭重油などの燃焼ガスを吹き込む。調合した原料を上部から送ると,回転につれて原料は下方に移動して,次第に高温に熱せられる。セメントクリンカーの製造,硫化鉱物の焙焼(ばいしょう),ボーキサイトの焙焼その他に広く使用。
→関連項目クリンカーポルトランドセメント

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

回転窯とも呼ばれる横式の回転円筒窯。鋼製の円筒内に耐火煉瓦を張った窯で,円筒は5度程度の傾斜がつけられ,ゆっくり回転するようになっている。円筒の強度を確保するため保温しないので,熱効率はよくない。加熱方式には内熱式と外熱式がある。前者は,円筒下部から上部に向かって重油あるいは微粉炭をバーナーで燃焼させるもので,燃焼ガスと被焼成物とが接触し,が混入する。後者は,燃焼ガスと被焼成物が接触するのを避け,炉内に回転円筒を設置して,外部から加熱する方式のもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回転式の高温焼成装置の総称で回転窯ともいうが、通常、直径に比して長さの十分に大きい直円筒型のものをいう。長さが比較的小さい回転円筒型のものは、トロンメル型などと名づけられ、別の取扱いをされることが多い。直径数メートル、長さ数百メートルに及ぶセメント焼成炉が代表的な例である。ロータリーキルンは、普通、水平に対してわずかに勾配(こうばい)をつけて設置され、緩やかに回転させながら、上方より原料を供給し、下方に設けられた燃焼装置から火炎を送る。高温の燃焼ガスは、原料と対向して接触しながら、その反応や予熱に携わる。通常、単一の原料ではなく、複数の原料が用いられるので、原料鉱石はあらかじめ粉砕・調製(水を加えて練り合わされることもある)後、キルン上方より供給される。この原料は、円筒の回転に伴って下方へ移動しながら高温ガスに接触し、予備的な脱水や反応を行いつつ焼成に必要な温度(通常、千数百℃)に至り、焼成される。温度区分は対象物によって異なり、有機高分子材料の焼成は200℃程度で行われる。[河村祐治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

鋼製の円筒内部を耐火れんがで内張りした横型炉.円筒軸は3~5% 傾斜させてある.回転している円筒炉の上部より原料を入れ,下部にバーナーを置き加熱する.原料は回転により炉中を下降しながら乾燥,加熱,焼成される.大きさは直径3~6 m,長さ80~200 m,1日に約500~7000 t 焼成することができる.セメントクリンカー,石灰,人工軽量骨材,耐火物原料などの連続焼成に適するが,低温部での熱効率が低いため,いろいろな改良がなされている.均一焼成のため複数のバーナーをもつものもあり,とくに日本で開発されたR.S.P.,S.F.,M.F.C.方式はロータリーキルンとプレヒーターの間に助燃バーナーを有し,全体の熱効率を高め,しかも窒素酸化物の排出を低減し,大型化にも有効である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロータリーキルンの言及

【窯】より

…窯を作業面から分類すると,連続窯とバッチ窯とになる。
[連続窯]
 トンネル窯ロータリーキルン(回転窯),タンク窯竪窯(シャフト窯)がある。トンネル窯は,被焼成物を台車の上にのせ,入口から予熱部,焼成部,冷却部,出口へと移動させる。…

※「ロータリーキルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android