コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレンシウム ローレンシウムlawrencium

翻訳|lawrencium

6件 の用語解説(ローレンシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレンシウム
lawrencium

元素記号 Lr ,原子番号 103。周期表3族のアクチノイド元素で,超ウラン元素の1つ。 1961年 A.ギオルソらが原子番号 98のカリホルニウムに加速したホウ素イオンを衝撃して人工的につくった。質量数はおそらく 262で,半減期は約8秒,α壊変する。 E.ロレンスの名にちなんでローレンシウムと命名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ローレンシウム(lawrencium)

アクチノイドに属する超ウラン元素の一。名は、サイクロトロンの発明者E=O=ローレンスにちなむ。元素記号Lr 原子番号103。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ローレンシウム

元素記号はLr。原子番号103。超ウラン元素の一つ。1961年5月ギオーソらが,バークリーにあるカリフォルニア大学放射線研究所の線型加速装置で加速したホウ素イオンをカリホルニウムに衝撃させてつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローレンシウム【lawrencium】

周期表元素記号=Lr 原子番号=103電子配置=[Rn]5f146d17s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族に属する希土類元素のうちのアクチノイドの一つ。1961年5月カリフォルニア大学のローレンス研究室で,アメリカのギオーソA.Ghiorsoらが,カリホルニウム(249Cf,250Cf,251Cf,252Cfの混合物)に線形加速器で加速したホウ素(10Bまたは11B)のイオンを衝撃して,核反応生成物中に半減期8±2秒のα放出体を発見し,103番元素であることを確かめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ローレンシウム【lawrencium】

アクチノイドの一。記号 Lr  原子番号103。人工の超ウラン元素。同位体はすべて放射性。最も半減期の長い核種の質量数は二六〇。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローレンシウム
ろーれんしうむ
lawrencium

アクチノイドの最後となる放射性元素。原子番号103、元素記号Lr。1961年カリフォルニア大学ローレンス放射線研究所において、重イオン線形加速器で加速したホウ素イオンでカリホルニウムを衝撃して、質量数257(のちに258に訂正された)の103番元素を合成したとするのが最初の報告で、1965年にはソ連の研究グループアメリシウム酸素イオン衝撃で質量数256の同位体を合成した。10種を超える同位体が得られているが、いずれも半減期は短い。そのため化学的性質を調べるのは困難であるが、溶液中で酸化数+となる証拠が得られている。サイクロトロンの発明者であるアメリカのローレンスを記念して命名された。発見当初、元素記号としてLwが使われたこともあったが、1997年に、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)によって、Lrが正式に決定された。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ローレンシウムの関連キーワード配偶者控除年収の壁利回り意匠更生保護施設アクチノイドコロイドローレンシウムアパート大館(市)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone