ワサビ(山葵)(読み)ワサビ(英語表記)Wasabia japonica

  • ワサビ(山葵) Wasabia japonica (Miquel) Matsum.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブラナ科の多年草。日本特産種で,清流の渓谷に生える。根茎は肥大し,表面は緑色であるが中心部は白く,葉のとれた跡がでこぼこについている。葉には長い柄があり,円形で基部は心臓形,細かな鋸歯がある。葉面は深緑色で光沢があり掌状にが走る。春,約 30cmの茎頂に4弁の白色花を総状につける。日射を避け,冬暖かく夏涼しく,水量,水温の変らないところに育つので,普通山地斜面流水を引いたワサビ田で栽培するが,乾燥地に馴化した畑ワサビもある。ワサビの辛みは,細胞がこわれると一種の配糖体が酵素で分解し,からし油を生じるためとされる。根茎はすりおろして薬味にするほか,わさび漬など嗜好食品に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

日本特産で九州から北海道まで広く分布するアブラナ科の多年草(イラスト)。ミズワサビサワワサビともいい,全国各地の谷間に自生する。また,渓流に造成されたワサビ田に栽培され,香辛料として,またワサビ漬原料として利用されている。葉は根茎上に数葉をロゼット状につける。葉身はアオイに似て円形に近いハート形で,長い葉柄をつける。葉色は一般に濃緑色であるが,なかには黄緑色のものもある。葉面は無毛で光沢があり,葉柄は緑色または紫色を帯びるものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android