コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワサビ(山葵) ワサビ Wasabia japonica

2件 の用語解説(ワサビ(山葵)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワサビ(山葵)
ワサビ
Wasabia japonica

アブラナ科の多年草。日本特産種で,清流の渓谷に生える。根茎は肥大し,表面は緑色であるが中心部は白く,葉のとれた跡がでこぼこについている。葉には長い柄があり,円形で基部は心臓形,細かな鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワサビ【ワサビ(山葵) Wasabia japonica (Miquel) Matsum.】

日本特産で九州から北海道まで広く分布するアブラナ科の多年草(イラスト)。ミズワサビ,サワワサビともいい,全国各地の谷間に自生する。また,渓流に造成されたワサビ田に栽培され,香辛料として,またワサビ漬の原料として利用されている。葉は根茎上に数葉をロゼット状につける。葉身はアオイに似て円形に近いハート形で,長い葉柄をつける。葉色は一般に濃緑色であるが,なかには黄緑色のものもある。葉面は無毛で光沢があり,葉柄は緑色または紫色を帯びるものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワサビ(山葵)の関連キーワードウグイマイマイカブリ畑鼠松坂大白檜曽川蜻蛉板鮮腹フサスグリキゴケタンジー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone