コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシミミズク ワシミミズク Bubo bubo; Eurasian eagle-owl

3件 の用語解説(ワシミミズクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシミミズク
ワシミミズク
Bubo bubo; Eurasian eagle-owl

フクロウ目フクロウ科。全長 58~71cmもある最大級のフクロウの一種。全身が褐色で,上面と背面には黄白色と黒褐色の斑が,胸部には黒褐色の太い縦斑が,腹部には細長い黒褐色の縦斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワシミミズク

フクロウ科の鳥。翼長45cm。背面は赤褐色で濃色の斑紋がある。虹彩(こうさい)は黄だいだい。ユーラシア大陸の中部以南および北アフリカで繁殖。日本では迷鳥とされてきたが,近年,北海道での繁殖が確認された。
→関連項目フクロウミミズク(鳥類)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシミミズク
わしみみずく / 鷲木菟
eagle owl
[学]Bubo bubo

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。全長70センチメートルに達するもっとも大形のフクロウ類の一つで、寒帯を除くユーラシア全土とアフリカ北部に分布する。朝鮮半島と樺太(からふと)(サハリン)、南千島でも繁殖するが、北海道や本州ではまれに冬鳥として渡来するのみである。全身が褐色で、濃褐色の斑(はん)が散在する。大きな羽角があり、目の色は赤褐色。森林から岩山までさまざまな環境のなかに生息することができ、夜間に、見張り場とする樹枝や岩壁の上で待ち伏せして、ノウサギやキジ類などを捕獲し、自分の数倍の体重をもつ13キログラムのシカを殺した例もある。岩棚や木の洞を巣とし、2~3卵を産んで35日間抱卵する。なお、南北アメリカにはやや小形のアメリカワシミミズクB. virginianusが生息する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワシミミズクの関連キーワード楓鳥木の葉木菟島梟白梟面梟こうふくろうずふくぶくろうフクロウ(梟)メンフクロウ(仮面梟)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワシミミズクの関連情報