コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシミミズク Bubo bubo; Eurasian eagle-owl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシミミズク
Bubo bubo; Eurasian eagle-owl

フクロウ目フクロウ科。全長 58~71cmもある最大級のフクロウの一種。全身が褐色で,上面と背面には黄白色と黒褐色の斑が,胸部には黒褐色の太い縦斑が,腹部には細長い黒褐色の縦斑がある。羽角は体のわりに短い。虹彩は赤橙色。脚や趾(あしゆび)も羽毛に覆われている。フクロウ科では特に繁殖分布域が広く,ヨーロッパ北アフリカからユーラシア大陸,東アジアサハリン島,日本に及ぶ。生息環境は多様で,平地から森林限界まで針葉樹林や混交林,地中海地方の低木林,ステップ砂漠なども含まれる。おもに夜間活動して哺乳類や鳥類をとる。森林内外の急な崖地の棚状部,巨木の樹洞,カラス類や猛禽類の古巣などに営巣する。日本では,北海道の原生林に少数が生息し,繁殖するほか,五島列島奄美大島に別亜種の古い記録がある。大型の猛禽類のため密猟や生息環境の悪化による絶滅が懸念され,1997年国内希少野生動植物種に指定された。(→ミミズク

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワシミミズク

フクロウ科の鳥。翼長45cm。背面は赤褐色で濃色の斑紋がある。虹彩(こうさい)は黄だいだい。ユーラシア大陸の中部以南および北アフリカで繁殖。日本では迷鳥とされてきたが,近年,北海道での繁殖が確認された。
→関連項目フクロウミミズク(鳥類)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシミミズク
わしみみずく / 鷲木菟
eagle owl
[学]Bubo bubo

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。全長70センチメートルに達するもっとも大形のフクロウ類の一つで、寒帯を除くユーラシア全土とアフリカ北部に分布する。朝鮮半島と樺太(からふと)(サハリン)、南千島でも繁殖するが、北海道や本州ではまれに冬鳥として渡来するのみである。全身が褐色で、濃褐色の斑(はん)が散在する。大きな羽角があり、目の色は赤褐色。森林から岩山までさまざまな環境のなかに生息することができ、夜間に、見張り場とする樹枝や岩壁の上で待ち伏せして、ノウサギやキジ類などを捕獲し、自分の数倍の体重をもつ13キログラムのシカを殺した例もある。岩棚や木の洞を巣とし、2~3卵を産んで35日間抱卵する。なお、南北アメリカにはやや小形のアメリカワシミミズクB. virginianusが生息する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワシミミズクの関連キーワードプリトヴィッチェ湖群国立公園ミミズク(鳥類)ミミズク(木菟)シチメンチョウボブキャットキツネ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワシミミズクの関連情報