コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワフタンゴフ ワフタンゴフ Vakhtangov, Evgenii Bagrationovich

5件 の用語解説(ワフタンゴフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワフタンゴフ
ワフタンゴフ
Vakhtangov, Evgenii Bagrationovich

[生]1883.2.1. ウラジカフカズ
[没]1922.5.29. モスクワ
ソ連の演出家。 K.スタニスラフスキーに学び,1911年モスクワ芸術座第一研究劇場に俳優として参加,14年その責任者となり,20年第三研究劇場 (現在のワフタンゴフ劇場) を主宰。革命前のモスクワ芸術座が細部の日常性にこだわりすぎたのに対し,彼は演劇の様式性や形式に目を向けたが,V.メイエルホリドとは異なり,俳優の個性や演技のアンサンブルは重視した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワフタンゴフ(Evgeniy Bagrationovich Vakhtangov)

[1883~1922]ロシア・ソ連の演出家。モスクワ芸術座に参加。革命後、スタニスラフスキーシステムの理論を守り、新時代の演劇創造に尽くした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワフタンゴフ

ロシアの演出家,俳優。モスクワ芸術座スタニスラフスキーに師事。革命中実験演劇を試み1920年以来芸術座の第三研究劇場で活躍。芸術座流のリアリズムを越えた新様式の演出を試み,メーテルリンクストリンドベリなどをとり上げた。
→関連項目リュビーモフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワフタンゴフ【Evgenii Bagrationovich Vakhtangov】

1883‐1922
ソ連邦の演出家,俳優で,演劇の革新者。モスクワ大学を中退し,演劇の道に入った。1911年にモスクワ芸術座に入り,スタニスラフスキーがシステム研究のために創立した第一研究劇場の俳優,演出家として活動し,ほぼ同時に学生研究劇場の指導者となった。後者が21年からモスクワ芸術座第三研究劇場と呼ばれるようになり,26年にワフタンゴフ劇場となった。深い心理主義的で繊細な描写から大胆な構成主義的舞台表現まで,時代の要請に合った演劇を模索したその一生は,文字どおり演劇の求道者の名にふさわしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワフタンゴフ
わふたんごふ
Евгений Багратионович Вахтангов Evgeniy Bagrationovich Vahtangov
(1883―1922)

ロシアの演出家。ウラジカフカスのたばこ工場主の家に生まれる。青少年時代から素人(しろうと)劇団に加わり、モスクワ大学を中退、モスクワ芸術座の俳優たちが教えていたアダーシェフ演劇学校を経て、1911年にモスクワ芸術座に入った。スタニスラフスキーの信奉者の一人として、12年から芸術座付属第一スタジオで俳優・演出家として活躍するかたわら、13年に学生スタジオ(21年に芸術座第三スタジオ、26年にワフタンゴフ劇場と改称)を創立した。ロマン・ロランの民衆演劇論に共鳴し、新しい時代にふさわしい演劇を模索し、俳優の創造的個性とアンサンブルを重視して大胆に新形式を追求した。代表的演出はゴッツィの『トゥランドット姫』(1922)。[中本信幸]
『ゴルチャーコフ著、高山図南雄編訳『ワフターンゴフの演出演技創造』(1978・青雲書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のワフタンゴフの言及

【ハビマ】より

…1913年ウィーンでのシオニスト会議の席上,ツェマッハNahum Zemach(1887‐1939)が,各国に分散するユダヤ人の心をパレスティナに結ぶ劇を創造することを思い立ち,4年後,ロシア革命の渦中のモスクワでわずか10名の芝居好きとともにこれを実行に移そうとした。スタニスラフスキーに援助を求めると,ワフタンゴフに指導をゆだね,後者の奔走で〈芸術座〉付属第4研究劇場が結成された。翌18年,ユダヤ作家の一幕物4本でデビューして注目を浴び,アン・スキ作《デュブク(怨霊物語)》の大成功で職業劇団として自立した。…

【ロシア・ソビエト演劇】より

…例えば当代の代表的演出家トフストノーゴフ,エフレーモフ,エーフロスにしても,スタニスラフスキー・システムを信奉する立場は同じだが,手法や作風はそれぞれ驚くほど違う。タガンカ劇場Moskovskii teatr dramy i komedii na Tagankeを創設したリュビーモフは,メイエルホリドやワフタンゴフの手法を取り入れて,写実にとらわれない舞台の表現法を確立した。ソビエト製ロック・ミュージカルに固執しているザハーロフMark Anatorievich Zakharov(1933‐ )のような演出家もいる。…

※「ワフタンゴフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワフタンゴフの関連キーワードオフロープコフソ連タイーロフポポフソ連邦佐々木孝丸エーフロスザワツキーディバインラベンスキフ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワフタンゴフの関連情報