コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラジムシ ワラジムシ Porcellio scaber

3件 の用語解説(ワラジムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラジムシ
ワラジムシ
Porcellio scaber

軟甲綱等脚目ワラジムシ科 Porcellionidae。体長 1cm内外。体は扁平な縦長の長楕円形で,灰褐色ないし暗褐色の地に淡黄色の斑紋がある。体の大部分を七つの胸節が占め,6節からなる腹部は後方に小さくまとまっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワラジムシ

甲殻類等脚目ワラジムシ科の1種。体長11mmぐらいで,体色は灰褐色ないし暗褐色。頭部は小さく,7個の胸節は幅広く,腹部は小さくて6節。世界各地に分布し,庭石,朽木,枯葉などの下にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラジムシ
わらじむし / 草鞋虫
[学]Porcellio scaber

節足動物門甲殻綱等脚(とうきゃく)目ワラジムシ科に属する陸上動物。ユーラシア大陸原産といわれるが、現在では世界に広く分布している。長さ1センチメートルほどの紡錘形で、弱く左右に湾曲している。頭部に続く7胸節はほぼ等長で、背面にやや大きな顆粒(かりゅう)が横に並んでいる。近縁種のホソワラジムシPorcellionides prunosusも、ほぼ同じ大きさであるがやや幅が狭く、背面はほとんど滑らかにみえる。両種とも枯れ葉やごみの下などにごく普通にみられるが、人家の床下などにはワラジムシが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワラジムシの関連キーワード等脚類軟甲類船虫草鞋虫大王具足虫オカダンゴムシワラジムシ(鼠姑)タマワラジムシハマワラジムシホソワラジムシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワラジムシの関連情報