コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラジムシ Porcellio scaber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラジムシ
Porcellio scaber

軟甲綱等脚目ワラジムシ科 Porcellionidae。体長 1cm内外。体は扁平な縦長の長楕円形で,灰褐色ないし暗褐色の地に淡黄色の斑紋がある。体の大部分を七つの胸節が占め,6節からなる腹部は後方に小さくまとまっている。第1触角は微小であるが,第2触角は長く,3ヵ所で折れ曲がる。世界に広く分布し,人家近くの落ち葉,ごみ,石,倒木の下など湿った環境にすむ。近縁のホソワラジムシ Porcellionides pruinosus は青褐色ないし暗褐色で,淡色の不規則模様があり,きわめて普通に見られる。また浜辺に打ち上げられた海藻やごみの下にはタマワラジムシ Alloniscus perconvexus が見られる。なおワラジムシ科は,ダンゴムシ科(→ダンゴムシ)とともに陸生甲殻類の代表的なものであるが,ダンゴムシ類と違って手で触れても球状にならない。(→節足動物等脚類軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワラジムシ

甲殻類等脚目ワラジムシ科の1種。体長11mmぐらいで,体色は灰褐色ないし暗褐色。頭部は小さく,7個の胸節は幅広く,腹部は小さくて6節。世界各地に分布し,庭石朽木枯葉などの下にすむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワラジムシ
わらじむし / 草鞋虫
[学]Porcellio scaber

節足動物門甲殻綱等脚(とうきゃく)目ワラジムシ科に属する陸上動物。ユーラシア大陸原産といわれるが、現在では世界に広く分布している。長さ1センチメートルほどの紡錘形で、弱く左右に湾曲している。頭部に続く7胸節はほぼ等長で、背面にやや大きな顆粒(かりゅう)が横に並んでいる。近縁種のホソワラジムシPorcellionides prunosusも、ほぼ同じ大きさであるがやや幅が狭く、背面はほとんど滑らかにみえる。両種とも枯れ葉やごみの下などにごく普通にみられるが、人家の床下などにはワラジムシが多い。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワラジムシの関連キーワードPorcellionides pruinosusワラジムシ(鼠姑)ダイオウグソクムシツリガネヒメグモオカダンゴムシオルトキネシス草鞋虫・鼠姑ヒメハナムシシジミチョウチョウ(蝶)アリ(蟻)イボイモリ土壌動物ウデムシ虫生菌類不快害虫草鞋虫家族制草履虫甲類

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワラジムシの関連情報