コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一ノ谷 いちノたに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ノ谷
いちノたに

兵庫県神戸市須磨区,六甲山地南西端の鉄拐山 (237m) が大阪湾の須磨浦にのぞむ斜面に発達した峡谷の1つ。東から一ノ谷,二ノ谷,三ノ谷,敦盛塚川の谷が並んでいる。一ノ谷川の上流に内裏跡,河口付近に「たたかいの浜」,敦盛塚川のほとりに敦盛塚などがあり,源平古戦場 (→一ノ谷の戦い ) として名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いちのたに【一ノ谷】

神戸市須磨すま区、六甲山地南西端の鉄拐てつかい山・鉢伏山が須磨浦海岸に迫る狭隘きようあい地。北東に鵯越ひよどりごえがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一ノ谷の言及

【鵯越】より

…播磨・摂津の境の一ノ谷(現,兵庫県神戸市須磨浦の西)の北の山ノ手の称。ヒヨドリが春秋にこの山を越すので〈鵯越〉の称が生まれたという。…

※「一ノ谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一ノ谷の関連キーワードひらがな盛衰記一谷嫩軍記一ノ谷の戦屋島の戦い岡部六弥太経政・経正鎌田盛政田代信綱小宰相局屋島の戦監物頼方熊井忠基俊成忠度生田の森熊谷直実本田次郎岡部忠澄源範頼松尾寺平経正

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一ノ谷の関連情報