一竜斎貞山(初代)(読み)いちりゅうさい ていざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一竜斎貞山(初代) いちりゅうさい-ていざん

1799-1855 江戸時代後期の講談師。
寛政11年生まれ。初代錦城斎典山の門人伊達騒動をモデルにした「伊達評定」などを得意にした。伊達政宗とおなじ独眼であったので,政宗の法号貞山院をとって貞山を号したという。安政2年9月2日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android