七夜待(読み)シチヤマチ

デジタル大辞泉プラスの解説

七夜待(ななよまち)

2008年公開の日本映画。監督・脚本河瀬直美、脚本:狗飼恭子。出演:長谷川京子、グレゴワール・コラン、キッティポット・マンカン、村上淳ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しちやまち【七夜待】

〘仏〙 密教で、毎月17日夜から23日までの七夜、千手観音・聖しよう観音・馬頭観音・十一面観音・准胝じゆんでい観音・如意輪観音・勢至菩薩を順次に毎夜の本尊としてまつり、所願成就を祈ること。七夜待大事。ななよまち。

ななよまち【七夜待】

しちやまち(七夜待)」に同じ。 「諸神に祈誓の-を懈怠けだいなく/浮世草子・新可笑記 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しちや‐まち【七夜待】

〘名〙 仏語。密教で、毎月一七日夜から二三日夜までの七夜の月を六観音および勢至に配し、聖観音(しょうかんのん)・千手観音(せんじゅかんのん)・馬頭観音・十一面観音・準胝観音(じゅんていかんのん)・如意輪観音・勢至菩薩(せいしぼさつ)を順次に本尊として所願成就を祈ること。ななよまち。
※多聞院日記‐永祿九年(1566)正月一七日「七夜待始之。月子初剋に奉拝了」

ななよ‐まち【七夜待】

〘名〙 神仏に七夜つづけて参詣して祈願すること。とくに、密教で、毎月一七日夜から二三日までの七夜に行なうもので、この七夜に千手観音、聖観音、馬頭観音、十一面観音、准胝(じゅんでい)観音、如意輪観音、勢至菩薩を配して本尊として、所願成就を祈る行事。しちやまち。ななよまいり。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「大形片目は正五九月の七夜待(ナナヨマチ)に待うしなはれたであらふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android