コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万の文反古 よろずのふみほうぐ

5件 の用語解説(万の文反古の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万の文反古
よろずのふみほうぐ

浮世草子。『西鶴文反古』ともいう。井原西鶴作。北条団水編。5巻。元禄9 (1696) 年刊。西鶴没後の刊行で,彼の作以外のものも入っていると思われる。書名は種々の手紙の反古 (ほご) の意。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よろずのふみほうぐ〔よろづのふみホウグ〕【万の文反古】

浮世草子。5巻。井原西鶴作。元禄9年(1696)刊。中・下層町人の生活の一断面を描いた書簡体小説集。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よろずのふみほうぐ【万の文反古】

浮世草子。井原西鶴作。1696年(元禄9)刊。5巻17章。異称《西鶴文反古》。没後3年目に刊行された第四遺稿集であり,執筆は1689年(元禄2)から91年ごろか。それぞれ独立した書簡に短い評文を加えて一通一章とした書簡体短編集。武家,僧,遊女などの異色の書簡もあるが,その大半は中下層町人の現実生活の一状況を書簡という独特で有効な設定によって切り取り,恥多い人間の真実の姿を浮かび上がらせるという巧みな方法が駆使されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万の文反古
よろずのふみほうぐ

井原西鶴(さいかく)の浮世草子。1696年(元禄9)1月、西鶴の第四遺稿集として門人北条団水(だんすい)が5巻5冊に編集し、京都・上村平左衛門、大坂・雁金屋庄兵衛(かりがねやしょうべえ)、江戸・万屋(よろずや)清兵衛より刊行。大坂・高津の片辺りで張貫(はりぬき)の女人形をつくる職人が、材料の紙くずのなかからみつけだしたという趣向で、20編の書簡体小説からなる。「おかしき噂(うわさ)、かなしき沙汰(さた)、あるひは(うれ)しきはじめ、栄花(えいが)終り」(序文)のさまざまな手紙であるが、巻1の3や巻2の3のように、窮迫した状況に陥った人間たちの真情を描いた佳作を含む。書簡体を利用して、人の心の奥底を表現しようとした西鶴の新しい試みを示す作品。[浅野 晃]
『神保五彌他校注・訳『日本古典文学全集40 井原西鶴集 3』(1972・小学館) ▽麻生磯次・冨士昭雄訳注『対訳西鶴全集15 万の文反古』(1977・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone