コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三坂峠 みさかとうげ

5件 の用語解説(三坂峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三坂峠
みさかとうげ

広島県北西部,北広島町と島根県邑南町との境,中国山地にある峠。標高 555m。広島県側は比較的緩傾斜で大朝盆地へ続き,島根県側は急傾斜をなす。江戸時代は,浜田藩の参勤交代路であった。かつては安芸-石見間を結ぶ街道がこの峠を越えたが,現在は国道 261号線の中三坂トンネルが通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

三坂峠
みさかとうげ

愛媛県中部,久万高原北端にある峠。国道 33号線 (→土佐街道 ) にあり,標高 720m。北方に松山市街が広がり,眺望にすぐれた行楽地。夏季には松山市から夕方納涼バスが出る。付近には久万スキーランドがあり,冬はスキー場となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みさか‐とうげ〔‐たうげ〕【三坂峠】

愛媛県中部、松山市と上浮穴(かみうけな)郡久万(くま)高原町の境にある峠。標高720メートル。国道33号(土佐街道)の最高点で最大の難所。北側の三坂川(重信川水系)は瀬戸内海に、南側の久万川(仁淀(によど)川水系)は太平洋に注ぎ、その分水嶺となっている。松山平野・瀬戸内海の眺望がよい。冬季、付近はスキー場となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みさかとうげ【三坂峠】

〈みさかだお〉ともいう。広島県山県(やまがた)郡大朝町と島根県邑智郡瑞穂(みずほ)町との境にある峠。標高555m。6km東方を通る国道261号線の峠は中三坂峠という。三坂峠中国山地脊梁部を越え,山陽側の広島と山陰の浜田を結ぶ浜田街道は,江戸時代には浜田藩の参勤交代路として,明治期には陸軍の広島~浜田連絡路として重視された。現在,道路は整備され峠付近は防雪トンネルで保護されているが,瑞穂町側に急傾斜と急カーブが続くので,積雪期の峠越えは容易ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕三坂峠(みさかとうげ)


愛媛県中央部、石鎚(いしづち)山脈の西端に位置する峠。松山(まつやま)平野と土佐(とさ)湾に注ぐ面河(おもご)川流域を分ける。峠名注記の近くに標高718mの水準点があるが、分水界はその400mほど西になる。国道33号(土佐街道)が通る。松山平野・瀬戸内海の眺望がよい。南東に広がる久万(くま)高原にはスキー場・キャンプ場がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三坂峠の関連キーワード広島県山県郡北広島町有田広島県山県郡北広島町筏津広島県山県郡北広島町下石広島県山県郡北広島町田原広島県山県郡北広島町寺原広島県山県郡北広島町中山広島県山県郡北広島町橋山広島県山県郡北広島町本地広島県山県郡北広島町舞綱広島県山県郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三坂峠の関連情報