コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重信川 しげのぶがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重信川
しげのぶがわ

愛媛県松山平野を西流し,伊予灘へ注ぐ川。高縄山地の東三方ヶ森 (ひがしさんぽうがもり。 1233m) 付近を源とする。全長 36km。かつては伊予川といったが,改修に功のあった松山藩の重臣足立重信の名をとって寛永2 (1625) 年に重信川と改称伏流水湧泉が多く,灌漑に用いられる。河口の北に松山空港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しげのぶ‐がわ〔‐がは〕【重信川】

愛媛県中央部を流れる川。高縄半島の東三方ヶ森(ひがしさんぽうがもり)(標高1233メートル)南麓に源を発し、ほぼ南西流して松山平野に出て西に流れを変え松山市南部で伊予灘に注ぐ。長さ36キロ。伏流水による湧泉が多く、灌漑(かんがい)水として利用されている。四国でも有数の荒れ川で、古くから洪水が絶えなかったが、近世初期に松山藩の足立重信が河川を改修、彼の死後、それまでの伊予川を重信川というようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重信川【しげのぶがわ】

愛媛県北部の川。長さ36km。高縄半島の東三方ヶ森に発して南西流し,重信町(現・東温市)横河原付近にみごとな扇状地をつくり,松山平野を西流して,松山市で伊予灘に注ぐ。
→関連項目愛媛[県]川内[町]重信[町]松前[町]松山[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しげのぶがわ【重信川】

愛媛県中央部を西流する川。幹川流路延長36km,全流域面積445km2。温泉,周桑(しゆうそう),越智(おち)3郡の境界をなす東三方ヶ森(1233m)に水源を発し,ほぼ南西流して重信町見奈良付近で東から表川を合わせて西に流路を変え,砥部とべ)川,石手川などの支流を合流して松山平野南部を流れ,松山市の南で伊予灘に注ぐ。流域面積の約8割を占める山地は崩壊性の地質よりなるものが多く,四国地方では例をみない荒れ川として知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕重信川(しげのぶがわ)


愛媛県中部を流れる川。1級河川(重信川水系)。延長36km。流域面積445km2。高縄(たかなわ)半島の東三方ヶ森(ひがしさんぽうがもり)(標高1233m)に源を発し、松山(まつやま)平野を西流して伊予灘(いよなだ)に注ぐ。四国有数の荒れ川だったが、近世初期に足立(あだち)重信が河川を改修、以後その事績にちなんで重信川とよばれるようになった。豊富な伏流水は灌漑(かんがい)に利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重信川
しげのぶがわ

愛媛県中央部の松山平野を流れる川。一級河川。延長36キロメートル、流域面積445平方キロメートル。高縄(たかなわ)半島中央の東三方ヶ森(1233メートル)南麓(なんろく)に発し、松山市南部で伊予灘(なだ)に注ぐ。流域は花崗(かこう)岩の崩壊地が多く、河川運搬物が多い。また左岸で重信川に合流する井内川、拝志(はいし)川、久谷(くたに)川、砥部(とべ)川は、中央構造線に沿う大断層崖(がい)と石鎚(いしづち)第三紀層の地すべり地帯を流域にもち、いずれも平野周辺に扇状地、洪積台地を形成する。このため重信川は四国でも有数の荒れ川で、古くから洪水が絶えなかった。近世初期に松山藩の足立(あだち)重信(?―1625)がこの荒れ川を改修したので、1625年(寛永2)以来重信川と称するようになったとされる。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

重信川の関連キーワード松前(町)(愛媛県)川内(愛媛県)松前[町]砥部[町]川内[町]東温(市)砥部(町)愛媛(県)松山(市)重信〈町〉重信[町]松山[市]砥部町松前町初雪盃白猪滝小冨士三坂峠男花東温

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重信川の関連情報