コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田[市] さんだ

2件 の用語解説(三田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三田[市]【さんだ】

兵庫県東部の市。1958年市制。武庫川の上流部に当たり,中心市街三田は金心(こんしん)寺の門前町として開け,江戸時代は九鬼氏の城下町武庫川対岸の三輪は福知山線開通後駅を中心に発展した交通商業地区。
→関連項目鳥羽藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんだ【三田[市]】

兵庫県南東部の市。六甲山地をへだてて神戸市の北に隣接する。1958年市制。人口9万6279(1995)。武庫川の中流域に位置し,JR福知山線で大阪,神戸電鉄で神戸と結ばれている。江戸時代は九鬼氏3万6000石の城下町として栄え,酒米として著名な三田米や,三田牛,マツタケの産地として知られた。神戸まで20km,大阪まで30kmという近い距離にありながら,交通が不便なため開発は遅れていたが,近年,周辺の丘陵部で北摂三田ニュータウンをはじめとする住宅地の開発がすすんでいて,ここ数年は日本で1,2を争う人口増加率を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

三田[市]の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone