コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田[市](読み)さんだ

百科事典マイペディアの解説

三田[市]【さんだ】

兵庫県東部の市。1958年市制。武庫川の上流部に当たり,中心市街三田は金心(こんしん)寺の門前町として開け,江戸時代は九鬼氏の城下町。武庫川対岸の三輪は福知山線開通後駅を中心に発展した交通商業地区。三田米,神戸牛,マツタケを産し,酒造,製材,電気機器などの工業も盛ん。工業団地には先端技術産業を中心に無公害工場の誘致を進めている。近年は北摂三田ニュータウンの建設などで人口が急増している。花山天皇の廟所花山院,三輪神社がある。神戸電鉄三田線,フラワータウン線,中国自動車道も通じる。210.32km2。11万4216人(2010)。
→関連項目鳥羽藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんだ【三田[市]】

兵庫県南東部の市。六甲山地をへだてて神戸市の北に隣接する。1958年市制。人口9万6279(1995)。武庫川の中流域に位置し,JR福知山線で大阪,神戸電鉄で神戸と結ばれている。江戸時代は九鬼氏3万6000石の城下町として栄え,酒米として著名な三田米や,三田牛,マツタケの産地として知られた。神戸まで20km,大阪まで30kmという近い距離にありながら,交通が不便なため開発は遅れていたが,近年,周辺の丘陵部で北摂三田ニュータウンをはじめとする住宅地の開発がすすんでいて,ここ数年は日本で1,2を争う人口増加率を示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android