コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭金馬 さんゆうていきんば

2件 の用語解説(三遊亭金馬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんゆうていきんば【三遊亭金馬】

落語家。(1)初代(1857‐1923∥安政4‐大正12) 本名芳村忠次郎。三遊亭円朝門下,のち2代三遊亭小円朝となった。(2)2代(1868‐1926∥明治1‐昭和1) 本名碓井米吉。初代門下。(3)3代(1894‐1964∥明治27‐昭和39) 本名加藤専太郎。初代三遊亭円歌門下。流暢(りゆうちよう)平易な話術と明朗な芸風で落語普及に大きな功績を残した。《高田馬場》《藪入り》《佃(つくだ)祭》《居酒屋》などの古典を得意としたが,《角力(すもう)放送》《長屋チーム》などの新作も演じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三遊亭金馬
さんゆうていきんば

落語家。[関山和夫]

初代

(1857―1923)本名芳村忠次郎。三遊亭円朝門下で、小円太で真打(しんうち)になったが、金馬と改名。さらに1906年(明治39)2代小円朝(こえんちょう)を襲名した。[関山和夫]

2代

(1868―1926)本名碓井(うすい)米吉。初代門下。もと、お盆屋へ奉公したために俗に「お盆屋の金馬」といわれた。[関山和夫]

3代

(1894―1964)本名加藤専太郎。初代三遊亭円歌門下。3代円馬にも学ぶ。歌当(かとう)、歌笑(かしょう)を経て円洲で真打になったが、1926年(大正15)4月3代目襲名。わかりやすい落語で定評があり、『浮世断語』など著書も残した。[関山和夫]

4代

(1929― )本名松本龍典(りゅうすけ)。3代門下。金時から小金馬を経て4代目襲名。[関山和夫]
『『三代目三遊亭金馬集』(1970・青蛙房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三遊亭金馬の関連キーワード三題噺桂文枝米沢彦八桂文治(3代)(1)笑福亭仁鶴船遊亭扇橋(初代)船遊亭扇橋(2代)為永春雅林屋正蔵(3代)若柳吉蔵(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三遊亭金馬の関連情報