コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上市町(読み)かみいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上市〔町〕
かみいち

富山県東部,立山連峰に源を発する早月川,上市川の上流部と上市川扇状地を占める町。1889年町制。1953年南加積村,宮川村,柿沢村,山加積村,大岩村の 5村と合体して上市町となる。1954年相ノ木村,白萩村の 2村を編入。立山信仰(→立山)と結びついて早くから開けた。大岩山日石寺にある磨崖仏(国指定重要文化財)は行基の作と伝えられ,また眼目(さっか)の立山寺(りゅうせんじ)は曹洞宗の北陸大道場であった。中心地区は上市川の谷口にあり,参詣基地,市場町として発達。早月川上流の馬場島(ばんばじま)は剱岳登山の基地。紡績,機械,木材などの工業のほか,製薬と家庭配置薬業に従事する者も多い。農産物は米,野菜が主。東部は中部山岳国立公園に属する。面積 236.71km2。人口 2万930(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上市町の関連情報