コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉憲房(2) うえすぎ のりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉憲房(2) うえすぎ-のりふさ

1467-1525 戦国時代の武将。
応仁(おうにん)元年生まれ。上杉憲実の孫。上杉顕定養子。越後(えちご)で養父が敗死した後,上野(こうずけ)(群馬県)平井城を本拠とする。おなじ養子の顕実(足利政氏の弟)とあらそい,山内上杉家の家督関東管領の地位をうばう。のち扇谷(おうぎがやつ)上杉朝興をたすけて北条氏綱とたたかった。大永(たいえい)5年3月25日死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉憲房(2)の関連キーワード戦国時代応仁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android