下・卸・颪(読み)おろし

精選版 日本国語大辞典の解説

おろし【下・卸・颪】

〘名〙 (動詞「おろす(下)」の連用形の名詞化)
① 高い所から下の方へ移すこと。おろすこと。「雪おろし」「神おろし」などのように、名詞に付けて造語要素として使う場合が多い。
② 神仏の供え物をとりさげたもの。また、貴人の飲食物の残りや使い古しの品物のおさがり。御分(おわけ)
※古今(905‐914)雑上・八七四・詞書「かめをもたせて〈略〉おほみきのおろしときこえにたてまつりたりけるを」
③ 家来に食糧を支給すること。
※宇川共有文書‐慶長一一年(1606)三月二七日「升はかなふせ以おろしに可之候」
④ (颪) 山など高い所から下へ向かって風が吹くこと。また、その風。秋冬の頃、山腹の空気が冷えて吹きおろす風。おろしのかぜ。
※古今(905‐914)秋下・二八五「こひしくはみてもしのばんもみぢばを吹きなちらしそ山おろしのかぜ〈よみ人しらず〉」
⑤ 身分、地位などを低くすること。
※評判記・色道大鏡(1678)一「大夫おろし 上職にて出世したる傾城の、天職にくだれるをいふ。天神おろし 天職にて出世したる傾城の、囲職になりたるをいふ」
⑥ 自然に出産する時期より前に、人為的に子を母体の外に出すこと。また、その子。子おろし。おろし子。
※新羅社服忌令(1425)「百日。下子(ヲロシ) 三个月以前七日、四个月以後三十日」
⑦ (大根やわさびを)すりくずすこと。すりくずしたもの。また、すりくずす器具。おろしがね。
※羅葡日辞書(1595)「ダイコンノ voroxi(ヲロシ)
⑧ ゆったりとねり歩くこと。おろしあゆみ。
※浮世草子・傾城仕送大臣(1703)三「かれが風俗仕出し、いかさま天職のおろしの様に見え」
⑨ 上下に上げ下ろしして開閉する戸。おろし戸。
※天草本平家(1592)四「ヲツボネノ voroxiuo(ヲロシヲ) ホトホトト タタケバ」
⑩ 邦楽用語。
(イ) 能や長唄囃子の打楽器の楽句の一つ。広義には、頭組(かしらぐみ)から地になだらかに移るために奏する楽句の総称。狭義には、その中の一つをいう。
(ロ) 舞事(まいごと)の中の楽句の一つ。笛が特殊な演奏をする部分をいう。大、小の鼓(つづみ)も特有の演奏をする。
(ハ) (声を低めてうたうところから) 浄瑠璃で、序詞の終わりの一区切を語る節。荘重にゆっくりと語り、浄瑠璃本では節の出をの印で示す。特に大序のものを「大おろし」、おろしほど重くはないがよく似た節を「おろしかかり」という。
※浮世草子・元祿大平記(1702)二「上瑠璃本をとりなやみ〈略〉をろし、三重、いろ、うつり、はつは、そををとばかりにて、療治の事はおろそかに」
⑪ 新しい品を使い始めること。また、その品。「したておろし」
※洒落本・伊賀越増補合羽之龍(1779)和田志津广舟宿に奉公之段「『おろしを又』〈略〉『屋根舟の新ぞうをさ』」
⑫ (卸) 商品を問屋から小売商へ売り渡すこと。おろし売り。
※和英語林集成(初版)(1867)「Oroshi(オロシ)ト コウリワ ネダンガ チガウ」
⑬ 海を渡って近くの島などに船で行き来すること。また、その船。
※源おぢ(1897)〈国木田独歩〉上「されど源叔父が渡船(オロシ)の業は昔のままなり。浦人島人乗せて城下に往来(ゆきき)すること、前に変らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android