御仕置例類集(読み)おしおきれいるいしゅう

デジタル大辞泉の解説

おしおきれいるいしゅう〔おしおきレイルイシフ〕【御仕置例類集】

徳川幕府評定所評議を、明和8年(1771)以後5回にわたって集めた刑事判例集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御仕置例類集【おしおきれいるいしゅう】

江戸幕府の刑事判例集。幕府評定所(ひょうじょうしょ)の刑事裁判に関する評議書を身分・性別・年齢・犯罪の種類などによって類別,編集したもので,いわば江戸幕府の最高裁判所の刑事判例集といえる。第1集は1771年−1802年の30冊,第2集は1803年−1814年の31冊,第3集は1815年−1826年の37冊,第4集は1827年−1839年の65冊,第5集は1840年−1852年の79冊であり,第1集から順に古類集,新類集,続類集,天保類集と呼び,第5集は新々類集と呼ばれたらしい。評定所旧蔵のものは関東大震災焼失したが,第1集から第4集までは国立国会図書館寺社奉行旧蔵本が数冊欠けて現存する。刊本に石井良助編《御仕置例類集》がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おしおきれいるいしゅう【御仕置例類集】

江戸幕府の刑事判例集。評定所で5回編集され,第1集は1771‐1802年(明和8‐享和2)の30冊,第2集は03‐14年(享和3‐文化11)の31冊,第3集は15‐26年(文化12‐文政9)の37冊,第4集は27‐39年(文政10‐天保10)の65冊,第5集は40‐52年(天保11‐嘉永5)の79冊である。評定所旧蔵のものは関東大震災(1923)で焼失したが,第1集から第4集までは国立国会図書館に寺社奉行旧蔵本が数冊欠けて現存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おしおきれいるいしゅう【御仕置例類集】

江戸後期の刑事判例集。幕府評定所が、1771年から1852年に至る判例を五回にわたって編纂したものの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御仕置例類集
おしおきれいるいしゅう

江戸幕府の刑事判例集。江戸幕府の裁判制度では裁判官である奉行(ぶぎょう)、代官などには科しうる刑罰の限度が決まっており、それを超える事件や決定しがたい事件は老中に伺わなければならなかった。老中は、重要な事例は評定所(ひょうじょうしょ)一座に下付して評議させ、その答申である評議書を参考にして指令を与えた。御仕置例類集はこの評議書を類別したもので、実質上、江戸幕府最高裁判所の判例集といってよく、編集技術もきわめて優れている。評定所において5回編集されたが、5回目のものは関東大震災(1923)で焼失した。第1集は明和(めいわ)8年(1771)から享和(きょうわ)2年までの30冊、第2集は享和3年(1803)から文化(ぶんか)11年までの31冊、第3集は文化12年(1815)から文政(ぶんせい)9年までの37冊、第4集は文政10年(1827)から天保(てんぽう)10年までの65冊で、順次、古類集、新類集、続類集、天保類集とよばれた。[平松義郎]
『『御仕置例類集』全16巻(1971~74・名著出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おしおき‐れいるいしゅう ‥レイルイシフ【御仕置例類集】

江戸幕府評定所の編纂した刑事判例集。前後五回にわたり編纂されたが、五回目のものは関東大震災のとき焼失。第四集まではそれぞれ古類集、新類集、続類集、天保類集と名付けられ、明和八年(一七七一)から天保一〇年(一八三九)までの判例が、項目及び年代ごとに収められている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android