下屋(読み)ゲヤ

デジタル大辞泉の解説

げ‐や【下屋】

母屋(もや)に差しかけて造った小屋根。また、その下の部分。差しかけ。

しも‐や【下屋】

寝殿造りで、主殿の後ろにある召使いが住む建物。また、雑物を置く建物。しものや。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げ‐や【下屋】

〘名〙 本屋根からつづけて、あるいは一段下げて、さしかけるように、ふき下ろした屋根。またはその下の空間。げやつくり。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)三「下屋(ゲヤ)に駈入り、羽織片手にあたふた」

しも‐や【下屋】

〘名〙
① 女房、童などの召使いがいる建物。寝殿造りの主な建物のうしろに位置する。また、雑物を置く建物をもいう。しものや。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「娘はただ乳母(めのと)の使ひける従者(ずさ)の、しもやに曹司(ざうし)してありけるをぞ呼び使ひける」
② 便所。
※一茶方言雑集(1819‐27頃)「厠(シモヤ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報