コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

来訪神 らいほうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

来訪神
らいほうしん

1年に1度季節の変り目に人々の世界に来訪して,豊饒や幸福をもたらすとされる神々。来訪神信仰は世界各地で広く行われており,日本でもまれびと信仰として盛んである。来訪神の多くは人々が仮面仮装した異形の姿で現れるが,日本では,東北・北陸地方のなまはげの系統のものや,九州のトシドン,ボセ,沖縄のミルク,パーント,アカマタクロマタ,マユンガナシ,フサマラーなどが知られている。沖縄八重山のアカマタクロマタは赤や黒の仮面をつけ,木の葉で身体全体をおおった姿で出現し,村人の歓迎を受けたのち,村中の各家をまわってきたるべき作物の豊饒をもたらすと信じられている。仮面仮装する者の多くは若者であり,また特別の資格をそなえた村人である。特にアカマタクロマタは秘儀的性格の強い集団によって行われており,メラネシアの秘密結社的な仮面仮装来訪神との類似性が指摘されている。 (→異郷人款待 , 男子結社 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

らいほう‐しん〔ライハウ‐〕【来訪神】

異郷からやってきて人々の歓待を受け、また帰ってゆく神。沖縄のまゆんがなしなど。→客(まれびと)1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らいほうしん【来訪神】

1年に1度,時を定めて異界から人間の世界に来訪して,さまざまな行為をし,人々に歓待される神々を一般に来訪神とよぶ。来訪神はいわば異人の一種であり,〈まれびと〉である。われわれは,われわれの住む世界が自己(もしくは自己の仲間たち)と異人という二元的構成をとっているとみなしており,異人に対しては畏敬の観念をもつとともにこれを厚くもてなす異人歓待の観念が発達している。来訪神の多くは人々が仮面仮装した異形の姿であらわれるが,こうした来訪神信仰は,日本のみならず未開社会と文明社会にわたる多くの社会に存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

らいほうじん【来訪神】

異界から訪れ、人々に幸いをもたらして帰る神。 → まれびと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の来訪神の言及

【神】より

…民俗的なカミの一つの特徴は,一定の空間に常在せず,祭りに際して出現するが,とりわけ,異装をして具象化された姿をとっていることである。たとえばその典型的事例は,正月の来訪神であり,東北のなまはげから,沖縄のアカマタ・クロマタに至るまでよく知られている。異装の来訪神については,民俗文化における山と里の交流という背景が考えられている。…

※「来訪神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

来訪神の関連キーワードあかまたくろまた生剥げ・生剝げ見島のカセドリニライカナイパーントゥ大みそか民俗芸能客人歓待えびす池の主雨乞い真世神川平湾異郷幸い鎮守内浦生剝門付

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

来訪神の関連情報