コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下郷[町] しもごう

2件 の用語解説(下郷[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

下郷[町]【しもごう】

福島県南部,南会津郡の町。会津鉄道が通じる主集落は阿賀川阿賀野川)上流の大川に沿い,古くは市場町。米作,葉タバコの栽培を行う。リンドウなどの花卉(かき)も産する。
→関連項目下郷[発電所]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しもごう【下郷[町]】

福島県中南部,南会津郡の町。人口7951(1995)。会津若松市の南,阿賀川上流にあり,南は栃木県に接する。那須岳に連なる標高1000~2000mの山地に周囲を囲まれ,南東部は日光国立公園に含まれる。町域の大半を山林が占め,耕地は狭小であるが,明治期にはチョウセンニンジンタバコの特産地として知られた。米作,葉タバコの栽培を中心とした農業から,近年はリンドウ等花卉の生産が増えている。町の北端にある大内は,近世には会津西街道の宿駅で,1884年の会津三方道路の開通により衰えたが,現在も宿場の町並みがよく保存されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下郷[町]の関連キーワード会津帝釈山会津若松狭山田代山金紋会津しもごうたじま開当男山瑞祥花泉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone