不入(読み)ふにゅう

精選版 日本国語大辞典「不入」の解説

ふ‐にゅう ‥ニフ【不入】

〘名〙
① 年貢徴収や検注のために朝廷や幕府の使者が園内部にはいるのを拒む特権。古代の検田使・収納使、中世の守護使などが立ち入るのを拒否する権利がそれにあたる。
※鹿王院文書‐応永一九年(1412)五月九日・足利義持御教書写「早為守護使不入之地、可領知之状」
② (形動) 立ち入らないこと。はいりこまないこと。または、はいりこめないこと。はいりこむに至らないこと。また、そのさま。
※伝光録(1299‐1302頃)阿難陀尊者「祖師道において不入なることは、我等が不入と全くもて一同なり」

ふ‐いり【不入】

〘名〙 興行などで入場者の少ないこと。観客の入りの悪いこと。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉座頭と花形俳優「今度の芝居は極(きま)って不入(フイリ)だわえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android