コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不入 フニュウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐にゅう〔‐ニフ〕【不入】

立ち入らないこと。また、入り込めないこと。
「敵味方―の処なれば」〈三河物語・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

不入【ふにゅう】

不輸不入

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふにゅう【不入】

立ち入らないこと。入れないこと。 「敵味方-の処なれば/三河物語」 → 不輸不入

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不入の関連キーワード活発発・活溌溌・活潑潑太平山県立自然公園チェスター(伯家)墾田永年私財法インムニテート三河一向一揆東津野[村]寄進地系荘園検断(撿断)不輸・不入【ぼう】示荘園・庄園トゥユール守護使不入立券荘号不輸租田四万十川不入の権アジール不輸の権

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不入の関連情報