(読み)ひのえ

精選版 日本国語大辞典「丙」の解説

ひ‐の‐え【丙】

〘名〙 (「火の兄(え)」の)
十干(じっかん)の第三番目。五行説によって五行の火に十干の丙(へい)を配したもの。へい
※曾丹集(11C初か)「ひのえ 青雲や空にたなびきわたるらん照る日のえしもさやけからぬは」
② 「ひのえうま(丙午)」の略。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻八下「はねられた意趣に丙をふいてうし」

へい【丙】

〘名〙
① 十干の第三番目。ひのえ。〔元和本下学集(1617)〕 〔爾雅‐釈天〕
物事の第三番目。・乙に次いで第三位にあたるもの。標準以下という感じで用いられる。

ひょう ヒャウ【丙】

〘名〙 (「ひょう」は「丙」の呉音) 十干の第三位。ひのえ。へい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「丙」の解説

へい【丙】[漢字項目]

常用漢字] [音]ヘイ(漢) [訓]ひのえ
十干の第三。ひのえ。「丙午へいご
順位で、第三位。「丙種丙夜
[名のり]あき・え
[難読]丙午ひのえうま

へい【丙】

十干の第三。ひのえ。
成績や等級・順位などの第3位を表す語。「甲・乙・・丁」

ひ‐の‐え【丙】

《「火の」の意》十干の3番目。へい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android