中ソ対立(読み)ちゅうソたいりつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中ソ対立
ちゅうソたいりつ

1956年2月のソ連共産党第20回大会でニキータ・セルゲーエビッチ・フルシチョフ書記長がヨシフ・ビサリオノビッチ・スターリンを批判(→スターリン批判)してから,中国とソビエト連邦両国の共産党間に起こった理論的・国家的対立。1956~58年頃はイデオロギー論争だったが,1958年には核兵器の開発や対米戦略で国家間の対立にいたった。ソ連は中国の大躍進(1958)や中印国境紛争(1959)に批判的で,1960年には経済技術援助協定を破棄,ソ連技術者を中国から一斉に引き揚げた。1960年からは社会主義への移行,社会主義社会の性格,核時代の戦争と平和の問題などでイデオロギー対立がいっそう明確となり,1963年から両国共産党の間での公開論戦となった(中ソ論争)。中国はソ連指導部を「修正主義」,ソ連は中国指導部を「極左冒険主義」と非難,両者の対立は世界の社会主義運動,ベトナムなど第三世界での民族紛争に多大な衝撃を与えた。中国は 1966年に始まる文化大革命以後,1968年夏のソ連のチェコスロバキアへの軍事介入(→チェコ事件),1969年3月の珍宝島事件により対ソ脅威感がつのり,1971年からは対米接近(→ニクソン訪中)でソ連の軍事的脅威に対抗する戦略的配置をしき,「社会帝国主義」ソ連をアメリカ合衆国に代わる主要敵に設定。ソ連もアジア集団安全保障体制など対中包囲の軍事網を構築し,1970年代末まで中ソの緊張と敵対が続いた。中ソ対立はイデオロギーの違いに加え,領土や安全保障などの国家利益,社会主義国家関係における主権の問題などさまざまな要因が複雑に錯綜し拡大していった。だが 1982年から両国の接触が始まり,中国の実利外交,ソ連の新思考外交のもと,1989年5月のミハイル・ゴルバチョフ書記長の訪中により両党,両国の関係は正常化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の中ソ対立の言及

【インドシナ戦争】より

…第2次大戦後,旧フランス領インドシナ(ベトナム,ラオス,カンボジア)に起こった対フランス(第1次。1946‐54),対アメリカ(第2次。1960‐75。ベトナム戦争とも呼ぶ)民族革命戦争の総称。1978年1月以降のベトナム・カンボジア戦争,79年のカンボジア内戦と中越戦争を第3次インドシナ戦争とすることもある。
【第1次インドシナ戦争】
 19世紀末以来,上記3国はフランスの植民地下にあったが,第2次大戦中は日本軍が進駐していた。…

※「中ソ対立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中ソ対立の関連情報