コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中田遺跡 なかだいせき

世界大百科事典 第2版の解説

なかだいせき【中田遺跡】

東京都八王寺市中野町に所在した集落遺跡。多摩川の支流である川口川の北岸微高地に営まれる。1966,67年に甲野勇を団長とする中田遺跡調査会が,3万m2に及ぶ全域の発掘調査を実施し,縄文時代から平安時代に至る竪穴住居址112基を検出した。住居址の平面形には時代による相違があり,縄文時代では円形,古墳時代以降ではほぼ方形を呈する。時代が判明した住居址のうちわけは,縄文時代2基,弥生時代末~古墳時代初頭5基,古墳時代前期2基,同中期1基,同中期末~後期59基,奈良時代25基,平安時代14基である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中田遺跡
なかたいせき

東京都八王子市中野町にあった集落遺跡。多摩丘陵の端部上、川口川と浅川の合流点近くに立地していた。1966、67年(昭和41、42)に遺跡のほぼ全域が発掘調査されたのち、宅地造成によって消滅した。発見された竪穴(たてあな)住居址(し)142のうち、縄文時代のもの3、弥生(やよい)時代5を除くすべてが古墳時代から平安時代に至る間のものである。古代集落の構造と変遷を知るうえに重要な資料を提供している。[岩崎卓也]
『岡田淳子他著『八王子中田遺跡 1~3』(1967~68・八王子中田遺跡調査会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中田遺跡の関連キーワード田舟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android