コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中白 チュウジロ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じろ【中白】

玄米を半ば白い程度に搗(つ)いた米。ちゅうはく。
白味噌と赤味噌との中間の薄い茶色をした味噌。
白砂糖赤砂糖との中間の薄い褐色をした砂糖

ちゅう‐はく【中白】

中等の白米。ちゅうじろ。

なか‐じろ【中白】

ワシの矢羽で、上下が黒く、中に白い切斑(きりふ)のあるもの。

しろた【中白】

干し芋の一部が白く硬くなり、品質が劣化すること。サツマイモ栽培時の水分不足や澱粉(でんぷん)の蓄積不良が原因。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうじろ【中白】

中白糖ちゆうはくとう 」に同じ。
味噌の一種。白味噌と赤味噌との中間の色をしたもの。 「 -とは四方の味噌おむしでございますよ/滑稽本・浮世風呂 3
上白じようはくに次ぐ、精白度のやや低い米。ちゅうはく。

ちゅうはく【中白】

「中白糖ちゆうはくとう」の略。

なかじろ【中白】

中ほどだけが白いこと。また、そのもの。
切斑きりふで、上下が黒く中央が白いもの。白い部分の大きいのを大中白、小さいのを小中白という。また、それで作った矢羽根。 → 中黒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中白の関連キーワード道教/道法と道教儀礼仙台・松前道七宝(工芸)森本 治吉浮世風呂浅野長矩千代の珠書院番太竜寺佐渡路人中白赤味噌大中白三温糖滑稽本白味噌切斑中等ワシ古紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中白の関連情報