コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸瀬布 まるせっぷ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸瀬布
まるせっぷ

北海道北東部,遠軽町中央部の旧町域。湧別川の中・上流域にあり,北部は北見山地,南部は石狩山地に属する。 1953年町制。 2005年生田原町,遠軽町 (1934年町制) ,白滝村と合体して遠軽町となった。地名はアイヌ語マウレセップ (三つの川の集まる広いところの意) に由来。大部分が山林で,主産業は林業と酪農。湧別川支流の武利川 (むりがわ) 河谷に丸瀬布温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸瀬布
まるせっぷ

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(丸瀬布町(ちょう))。現在は紋別(もんべつ)郡遠軽(えんがる)町の中央部を占める地域。旧丸瀬布町は1953年(昭和28)町制施行。2005年(平成17)、遠軽町に合併。旧町名の由来はアイヌ語マウレセプ(三つの川に分かれている広い所の意とされるが不詳)によるといわれる。JR石北本線、国道333号が通じる。北見山地を流下する湧別(ゆうべつ)川の中流域に位置し、中心市街は、丸瀬布川、武利(むりい)川が湧別川に合流する河岸段丘上に開けている。森林面積が町域の95%を占め、そのほとんどが国有林である。1889年(明治22)に植民地区画測量が行われているが、実質的な開拓は1912年(明治45)宮城県の団体入植に始まる。産業は林業、木材・木製品工業が中心で、農業はサトウダイコン(テンサイ)などの畑作と酪農であるが、草地造成の規模は小さい。武利川上流には丸瀬布温泉があり、その南4キロメートルに山彦の滝がある。[岡本次郎]
『『新丸瀬布町史』(1994・丸瀬布町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

丸瀬布の関連キーワード北海道紋別郡遠軽町丸瀬布昆虫生態館丸瀬布[町]生田原[町]丸瀬布〈町〉遠軽(町)北見富士

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸瀬布の関連情報