コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田原 いくたはら

2件 の用語解説(生田原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生田原
いくたはら

北海道北東部,遠軽町東部の旧町域。北見山地の南部に位置する。 1925年遠軽村より分離。 1954年町制。 2005年遠軽町 (1934年町制) ,丸瀬布町,白滝村と合体して遠軽町となった。地名はアイヌ語のイクタラ (ササの多いところ) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生田原
いくたはら

北海道北東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(生田原町(ちょう))。現在は紋別(もんべつ)郡遠軽(えんがる)町の南東部を占める地域。旧生田原町は1925年(大正14)遠軽村(現、遠軽町)から分村し、1954年(昭和29)町制施行。2005年(平成17)遠軽町に合併。北見山地にあり、北流する湧別(ゆうべつ)川支流生田原川の河谷に沿ってJR石北本線と国道242号が通じる。1892年(明治25)旭川(あさひかわ)と網走間を結ぶ中央道路が生田原川沿いに開かれ、1901年(明治34)新潟県人の団体入植以後本格的開拓が進んだ。総面積の約80%を森林面積が占め、国有林の比重が高く、林産の町で、林業副産物のキノコ生産も盛ん。農業では酪農を主とするが肉用牛も導入され、畑作物ではサトウダイコン、ジャガイモ、アスパラガスなどの作付けがある。1918~1943年に北ノ王、大宝などの金銀鉱山が操業したことがある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生田原の関連キーワード北海道紋別郡遠軽町白滝〈村〉端野〈町〉北海道北見市常呂町東浜北海道紋別郡遠軽町留岡北海道紋別郡遠軽町西町北海道紋別郡遠軽町東白滝北海道紋別郡遠軽町東町北海道紋別郡遠軽町向遠軽北海道北見市留辺蘂町東町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生田原の関連情報