コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾燥地農業 かんそうちのうぎょう

百科事典マイペディアの解説

乾燥地農業【かんそうちのうぎょう】

乾地農業,乾燥農業とも。雨量の少ない地方で,特に引水せずに行う畑作農業雨水流失を防ぎ,土壌水分蒸発を抑え,できるだけ多くの水を土壌中に貯えて作物にその水を有効利用させるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんそうちのうぎょう【乾燥地農業 dry farming】

雨の季節性,風の強さ,土壌の性質などによっても異なるが,おおよそ年降水量500mm以下の地域で,灌漑によって水を供給せず,降雨のみを利用して作物に必要な水を土壌中に保存し,収量は低いが安定した作物栽培を行おうとする農法をいう。乾地農業,乾燥農業ともいう。年降水量500mm以下の地域は地球全体の50%以上を占め,アメリカの北西部,オーストラリア,アジア大陸北部,地中海沿岸などに広く分布している。近年灌漑が行われる耕地が増加しているが,なお多くの地帯麦作を中心にこの農業が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾燥地農業の関連キーワードコムギ(小麦)湿潤地農業シャイアン農耕文化農業経営休閑

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾燥地農業の関連情報