コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷽替 うそかえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷽替
うそかえ

福岡県太宰府市太宰府天満宮や東京都江東区亀戸天神社などで行なわれる,鷽(ウソ)と呼ばれる木彫りの鳥を新しいものと交換する行事。太宰府天満宮の鷽替は,1月7日夜に,追儺の祭りである鬼すべの前段階の行事として行なわれる。鷽を手にした参拝者たちが注連縄をめぐらせた楼門前に参集し,暗闇のなか「替えましょう,替えましょう」と言いながらお互いの鷽を交換し合う。この時,人々のなかに神職が 12個の金の鷽を持って紛れており,運良くその金の鷽を手にした人は,幸運に恵まれるといわれている。鷽と天神(→菅原道真)との関係については,天神がハチの大群に襲われた際に鷽が救ったとも,太宰府天満宮の祭りの日に鷽が害虫を駆除したともいわれ,一説に鷽の文字が學に似ているからなどともいわれている。また,鷽替の鷽は,その羽部分の形が円柱形の半周分を削り掛けにしたものであることから,依代の一種と考えられている。一方,亀戸天神社では 1月24,25日に行なわれ,参拝者が前年にもらった鷽を神社に納めて新しいものをもらって帰る日となっている。鷽はその読みが嘘に通じることから,日頃知らず知らずのうちについている嘘を天神の力で誠の心に変えると説かれるが,一般には悪運を嘘にして幸運に変える行事とされており,確実に合格をかちとるお守りとして,この日に鷽を買い求める受験生も多い。(→天神信仰

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鷽替【うそかえ】

1月7日や25日に九州の太宰府天満宮のほか東京亀戸天神などでも行われる神事。ヤナギの木で頭と尾を黒く口の辺を赤くし,背を緑にして金箔をつけた鷽をつくり,参拝者が〈かえましょ,かえましょ〉といって互いに交換し,金の鷽に当たれば幸運がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うそかえ【鷽替】

福岡県太宰府の天満宮で、正月7日夜、酉とりの刻(午後5~7時)に行われる神事。参詣人が「うそ(鷽)」を交換し合う。昨年の凶を噓うそにして今年の吉に取り替える意。神社の出す金色の「うそ」を替えあてた人には幸運がくるという。大阪の道明寺・天満宮などでも行われる。鷽替神事。 [季] 新年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷽替の関連情報