コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷽替 うそかえ

3件 の用語解説(鷽替の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷽替
うそかえ

福岡県太宰府市太宰府天満宮や東京都江東区亀戸天神社などで行なわれる,鷽(ウソ)と呼ばれる木彫りの鳥を新しいものと交換する行事。太宰府天満宮の鷽替は,1月7日夜に,追儺の祭りである鬼すべの前段階の行事として行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鷽替【うそかえ】

1月7日や25日に九州の太宰府天満宮のほか東京亀戸天神などでも行われる神事。ヤナギの木で頭と尾を黒く口の辺を赤くし,背を緑にして金箔をつけた鷽をつくり,参拝者が〈かえましょ,かえましょ〉といって互いに交換し,金の鷽に当たれば幸運がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

うそかえ【鷽替】

福岡県太宰府の天満宮で、正月7日夜、酉とりの刻(午後5~7時)に行われる神事。参詣人が「うそ(鷽)」を交換し合う。昨年の凶を噓うそにして今年の吉に取り替える意。神社の出す金色の「うそ」を替えあてた人には幸運がくるという。大阪の道明寺・天満宮などでも行われる。鷽替神事。 [季] 新年。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷽替の関連キーワード福岡県福岡市西区今津福岡県福岡市早良区内野福岡県福岡市西区小戸福岡県福岡市東区勝馬福岡県福岡市西区小田福岡県福岡市博多区千代福岡県福岡市西区徳永福岡県福岡市中央区西中洲福岡県福岡市西区能古福岡県福岡市東区弘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷽替の関連情報