コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人比丘尼 ににんびくに

6件 の用語解説(二人比丘尼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二人比丘尼
ににんびくに

仮名草子鈴木正三作。2巻。万治3 (1660) 年刊。戦乱によって夫に死別した2人の尼が仏教の教理を説く仏教教訓の書。尾崎紅葉の『二人比丘尼色懺悔』 (1889) はこれに暗示を得ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ににんびくに【二人比丘尼】

仮名草子。2冊。鈴木正三(しょうさん)作。寛永9年(1632)ごろの刊か。戦乱で夫に死別した二人の尼により、仏の道を説く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

二人比丘尼【ににんびくに】

鈴木正三(しょうさん)作の仮名草子。1663年刊。二人の尼の問答,懺悔(ざんげ)話の中に仏教思想を織り込んだもの。蘇東坡の《九相詩》,一休作とされる《水鏡二人比丘尼》などの影響がみられる。
→関連項目仮名草子鈴木正三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ににんびくに【二人比丘尼】

仮名草子。鈴木正三(しようざん)著。2巻。1656年(明暦2)ごろ刊。《吉利支丹物語》《因果物語》《念仏草紙》など多くの著述をした正三の有名作の一つである。下総の須田弥兵衛が25歳で討死し,その妻は17歳で菩提を志す。ある御堂で20歳あまりの女に会い,2人ともに身の上話の後そこで暮らす。翌年女は死に,五七日まで死骸を見守ったがあさましき限りで,ついに妻女は寺入りし,ある老比丘尼に仕え大往生を遂げたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ににんびくに【二人比丘尼】

仮名草子。二巻。鈴木正三作。初刊年未詳。明暦年間(1655~1658)以後の再刊本がある。戦乱で夫に死別した二人の尼の身の上話に蘇東坡の「九想詩」などを取り入れて、世の無常と念仏往生を説く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二人比丘尼
ににんびくに

鈴木正三(しょうぞう)作の仮名草子。1660年(万治3)刊。戦死した須田弥兵衛(やへえ)の妻は、その戦場近くで美貌(びぼう)の未亡人と出会い、ともに夫を弔ううちに、その女が病死する。里人に埋葬を依頼したところ、遺骸(いがい)は野に放置されていたために、初七日に訪れると、五体は膨れただれて異臭を放っていた。二(ふた)七日には肉が破れ鳥獣の餌食(えじき)となり、やがて白骨になってしまう。このありさまに無常の理を悟り、尼となって修行のすえ往生した、という筋(すじ)で、蘇東坡(そとうば)の『九相詩(くそうし)』や一休の『一休骸骨』などの影響がみられる仏教的啓蒙(けいもう)文芸である。[青山忠一]
『国書刊行会編『近世文芸叢書3 小説1』(1976・第一書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二人比丘尼の関連キーワード仮名草子鈴木正三因果物語仮名本新語園洋算恵中小野庸山鈴木松山《見ぬ世の友》(仮名草子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二人比丘尼の関連情報