コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二本松城跡 にほんまつじょうあと

国指定史跡ガイドの解説

にほんまつじょうあと【二本松城跡】


福島県二本松市郭内にある城跡。霞ヶ城、白旗城とも呼ばれる。阿武隈(あぶくま)山系の裾野に位置する標高345mの白旗ヶ峯を中心として、南・西・北を丘陵で囲まれ、東にやや開くという自然の要害地形に立地する。城跡は白旗ヶ峯頂上部の本丸を中心に、東側にそれぞれ二の丸、三の丸を配する構造で、東西約560m、南北約640mの範囲に及ぶ。1414年(応永21)、奥州管領(かんれい)・畠山国氏(くにうじ)の孫、満泰(みつやす)がこの地に本拠を構えて二本松城と呼んだのが始まりとされている。1586年(天正14)、畠山氏が伊達政宗に滅ぼされた時、城に火が放たれたという。伊達氏の支配を経て、1590年(天正18)の豊臣秀吉の奥州仕置きによって二本松は会津に入部した蒲生氏郷(がもううじさと)の所領となり、二本松城には城代が置かれ、会津地方の領主の支城となった。このころ城は大幅な改修が行われた。そして、1643年(寛永20)、陸奥白河から丹羽光重が入封した。丹羽光重は城内の石垣・堀などの修築を行うとともに、観音丘陵を境に郭内(城内を含む武家屋敷)と郭外(社寺・町家屋敷)とを分離する城下町整備を行った。以後、二本松藩丹羽氏歴代の居城となり、幕末の戊辰(ぼしん)戦争で城は焼失した。発掘調査の結果、本丸直下の南方平場で畠山氏時代の新城館の火災を整理した大規模な土坑が見つかり、本丸に残る穴太(あのう)積みの石垣は、会津の支城だった慶長年間(1596~1615年)ころのものと考えられる。さらに掘立柱の塀や門を、礎石建ちの塀や門に改修したことなど、中世城館を近世城郭に改変した痕跡は城内各所で見つかった。また、城跡の南東約750mに位置する大手門跡は、1832年(天保3)に幕府の許しを得て造営した櫓(やぐら)門の跡で、この門は奥州街道から郭内に入る城門でもあった。現在、門の枡形と石垣などが残されており、2007年(平成19)に城跡とともに国の史跡に指定された。二本松城は東北地方を代表する近世城郭であり、中世城館から近世城郭へと継続して利用されていた状況もうかがえ、中世から近世への政治体制を理解するうえでも貴重なものである。現在は霞ヶ城公園として整備され、石垣と再建された箕輪(みのわ)門がある。JR東北本線二本松駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

二本松城跡の関連キーワード霞ヶ城跡〈福島県〉二本松城丹羽光重

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android