二重文節(読み)にじゅうぶんせつ(英語表記)double articulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重文節
にじゅうぶんせつ
double articulation

言語学者 A.マルティネによって提唱された人間言語の特徴。文 (発話) は,意味をもつ最小単位である記号素 monemeに分析され (第1次分節) ,次に記号素は,意味を区別する最小の単位である音素 phonemeに分析される (第2次分節) 。たとえば「私は頭が痛い」の意であるフランス語"J'ai mal à la tête."は,je (私は) ai (もつ) mal (痛い) à (に) la (定冠詞) tête (頭) の記号素に分析され,さらに têteは/t//è//t/という3つの音素に分析される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android