コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五明 ごみょうpañca vidyā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五明
ごみょう
pañca vidyā

古代インドの学問分類法。「明」は学問の意味。5部門から成り,知識人の必須科目とされた。言語,文典に関する学問 (声明 ) ,工芸,技術,算暦に関する学問 (工巧明 ) ,医学,薬学,呪法に関する学問 (医方明) ,論理学 (因明 ) ,仏教の根本精神を明らかにする学問 (内明) の5部門をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐みょう〔‐ミヤウ〕【五明】

古代インドで用いられた学問の分類法。仏教では、仏教徒の学ぶ内(ない)と、世俗一般の外(げ)とに分ける。内の五明は、声明(しょうみょう)(文法・文学)・工巧明(くぎょうみょう)(工芸・技術・暦数)・医方明(医学)・因明(論理学)・内明(哲学・教義学)、外の五明は、ふつう、声明・工巧明・医方明・呪術明・符印明とする。

ご‐めい【五明】

《中国古代舜帝が作ったという「五明」の略》の異称。
「持参の扇を見ては…、―はかたじけなや、と礼あるを」〈咄・醒睡笑・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ごめい【五明】

岐阜の日本酒。酒名は、扇の別称で、「末広」を意味し、そのめでたさにあやかって命名。仕込み水は揖斐川伏流水蔵元の「五明酒類醸造」は江戸後期創業。現在は廃業。蔵は垣市船町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごみょう【五明】

古代インドにおける学問の分類。仏教徒の学芸である内の五明の声明しようみよう(音韻学・文学)・因明(論理学)・内明(教理学)・医方明(医学)・工巧くぎよう明(工学・数学・暦学)と、因明・内明の代わりに呪術明・符印明を含んだ世俗一般の学芸である外の五明がある。

ごめい【五明】

〔舜しゆんが作ったという扇の名から〕
扇の異名。 「 -はかたじけなや/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五明の関連キーワード古今亭 志ん生(2代目)松柳亭 鶴枝(2代目)五明楼 玉輔(4代目)五明楼 玉輔(2代目)三遊亭 遊三(1代目)五明楼 玉輔(3代目)柳亭 燕枝(3代目)三遊亭 円遊(初代)春風亭 年枝(初代)船遊亭扇橋(4代)五明楼玉輔(初代)三遊亭円遊(3代)GomTalk 7竹本小伝(初代)竹本小伝(2代)三浦呉山(2)蓁々斎 桃葉市川 文蔵三遊亭円遊エムテック

五明の関連情報