コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五明 ごみょう pañca vidyā

8件 の用語解説(五明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五明
ごみょう
pañca vidyā

古代インドの学問分類法。「明」は学問の意味。5部門から成り,知識人の必須科目とされた。言語,文典に関する学問 (声明 ) ,工芸,技術,算暦に関する学問 (工巧明 ) ,医学,薬学,呪法に関する学問 (医方明) ,論理学 (因明 ) ,仏教の根本精神明らかにする学問 (内明) の5部門をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐みょう〔‐ミヤウ〕【五明】

古代インドで用いられた学問の分類法。仏教では、仏教徒の学ぶ内(ない)と、世俗一般の外(げ)とに分ける。内の五明は、声明(しょうみょう)(文法・文学)・工巧明(くぎょうみょう)(工芸・技術・暦数)・医方明(医学)・因明(論理学)・内明(哲学・教義学)、外の五明は、ふつう、声明・工巧明・医方明・呪術明・符印明とする。

ご‐めい【五明】

《中国古代舜帝が作ったという「五明扇」の略》の異称。
「持参の扇を見ては…、―はかたじけなや、と礼あるを」〈咄・醒睡笑・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ごめい【五明】

岐阜の日本酒。酒名は、扇の別称で、「末広」を意味し、そのめでたさにあやかって命名。仕込み水揖斐川の伏流水。蔵元の「五明酒類醸造」は江戸後期創業。現在は廃業。蔵は大垣市船町にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごみょう【五明】

古代インドにおける学問の分類。仏教徒の学芸である内の五明の声明しようみよう(音韻学・文学)・因明(論理学)・内明(教理学)・医方明(医学)・工巧くぎよう明(工学・数学・暦学)と、因明・内明の代わりに呪術明・符印明を含んだ世俗一般の学芸である外の五明がある。

ごめい【五明】

〔舜しゆんが作ったという扇の名から〕
扇の異名。 「 -はかたじけなや/咄本・醒睡笑」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五明の関連キーワード医方明右繞黒月四輪王中天竺闍多迦洛叉《古代イギリス詩拾遺》古代イラン語古代インドネシア美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五明の関連情報