コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五榜の掲示 ゴボウノケイジ

百科事典マイペディアの解説

五榜の掲示【ごぼうのけいじ】

1868年,明治政府が〈五ヵ条の誓文〉の翌日,公布した制札。〈五条の高札〉とも。旧幕府の高札を撤去し,代わりに五倫道徳遵守,徒党・強訴・逃散の禁止,キリシタン・邪宗門の禁止,外国人への暴行の禁止,郷村脱走禁止の5ヵ条を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぼうのけいじ【五榜の掲示】

1868年(明治1)3月15日,維新政府が旧幕府の高札を撤去し,代りにたてた五つの太政官高札。政府は前日の五ヵ条の誓文で,国家の基本方針を明らかにし,この高札では人民の遵守すべき禁令をはじめて示した。第1札は五倫の道徳を守ること,殺人・放火・強盗の禁止,第2札は徒党・強訴・逃散の禁止,第3札はキリスト教・邪宗門の禁止,第4札は外国との交際は万国公法にしたがうとし,外国人への暴行を禁止,第5札は士民の本国地からの離脱を禁止している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごぼうのけいじ【五榜の掲示】

明治維新政府による庶民政策を示す五条の太政官高札。慶応4年(1868)3月15日、五箇条の誓文発布の翌日掲示。五倫の道の勧め、徒党・強訴・逃散の禁止、キリシタン・邪宗門の禁止、外国人殺傷暴行の禁止、士民の本国脱走禁止の五条。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五榜の掲示
ごぼうのけいじ

明治政府の対民衆政策の基本を示したもの。五か条の誓文の翌日、1868年(慶応4)3月15日、政府は旧幕府の高札(こうさつ)を撤去し、かわりに立てた5条の制札で、第一は五倫の道を勧め、殺人、放火、窃盗を禁じ、第二は徒党、強訴、逃散(ちょうさん)を禁止し、第三では切支丹(きりしたん)、邪宗門を禁じた。ここまでは旧幕府の伝統的な庶民統治策を継承したもので、定三札とし永世法であるとされた。ついで第四で開国和親を命じ、第五では士民の本国脱走を禁じた。この2条は覚札(おぼえさつ)すなわち一時の掲示である。このように、新政府は五か条の誓文で公議を標榜(ひょうぼう)し開明的な姿勢を示したが、一方で、旧幕府の伝統をも継承する体質をもっていた。[佐々木克]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

五榜の掲示の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデル児玉幸助ジェニングニコライ(2世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android