コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工気候 じんこうきこう artificial climate

2件 の用語解説(人工気候の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じんこうきこう【人工気候 artificial climate】

広義には人間活動に伴って変えられた気候を指すが,狭義には特定の目的のために意図して変えられた気候をいう。人間の居住環境を,住みやすいように変える目的で,比較的狭い空間内の気候を改変しようとする試みは古くからされてきた。衣服による防寒(衣服気候),冷暖房による室内の気候調和(室内気候),温室などはその例である。 衣服気候は衣服と人体の皮膚の間のごく狭い空間に形成される気候で,気温約32℃,湿度約50%が適切な気候とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人工気候
じんこうきこう
artificial climate

人間が技術によって変えた気候。特定の目的にあうよう狭い空間内の気候を変化させたものが多い。室内の居住環境を快適に保つための冷暖房、コンピュータの作動や商品の品質管理のための空気調和、農作物の栽培のための温室、異なった気候条件下の生物生理や生態の実験を行うための人工気候室バイオトロン)などによってつくりだされる室内気候は、その代表的なものである。人工気候室は人工気象室ともよばれ、温度、湿度、風、日照などの気象条件を自由につくりだし制御することができる。人工気候室内で高温多湿の暑熱環境や寒冷環境を再現し、熱中症予防や防寒対策の研究に役だてるなど、健康維持にも有効利用されている。[河村 武・三上岳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人工気候の関連キーワード雨量因子悉曇唐音批判哲学陸上競技エイジング純粋理性フィットネス気候型気候図

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone