仁恵(読み)じんけい

精選版 日本国語大辞典「仁恵」の解説

じん‐けい【仁恵】

〘名〙 思いやりの心をもって、なさけをかけること。あわれむこと。なさけ。めぐみ。慈悲。じんえ。
※吾妻鏡‐建久三年(1192)五月二六日「次若公幼稚之意端挿。優美之由有御感
※米沢本沙石集(1283)三「君もも仁恵を心として、国をさまり民安しと申すは」 〔後漢書‐劉寵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仁恵」の解説

じん‐けい【仁恵】

思いやりの心と、恵み。
[類語]愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「仁恵」の解説

【仁恵】じんけい

仁慈。

字通「仁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android