仁恵(読み)じんけい

精選版 日本国語大辞典「仁恵」の解説

じん‐けい【仁恵】

〘名〙 思いやりの心をもって、なさけをかけること。あわれむこと。なさけ。めぐみ。慈悲。じんえ。
※吾妻鏡‐建久三年(1192)五月二六日「次若公幼稚之意端挿。優美之由有御感
※米沢本沙石集(1283)三「君もも仁恵を心として、国をさまり民安しと申すは」 〔後漢書‐劉寵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NFT

《non-fungible token》複製・偽造の不可能な証明書を付与したデジタルデータ。また、その技術。アート作品など、複製でないことに価値があるものに、それが唯一のデータであることを証明する情報...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android