仁恵(読み)じんけい

精選版 日本国語大辞典 「仁恵」の意味・読み・例文・類語

じん‐けい【仁恵】

〘名〙 思いやりの心をもって、なさけをかけること。あわれむこと。なさけ。めぐみ。慈悲。じんえ。
吾妻鏡‐建久三年(1192)五月二六日「次若公幼稚之意端挿仁恵。優美之由有御感
※米沢本沙石集(1283)三「君も臣も仁恵を心として、国をさまり民安しと申すは」 〔後漢書‐劉寵伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「仁恵」の意味・読み・例文・類語

じん‐けい【仁恵】

思いやりの心と、恵み。
[類語]愛情愛着情けじょう情合い情愛情味人情人情味温情恩情厚情思いやりいつくしみ慈愛仁愛仁慈仁心じん慈悲あわれみ哀憐同情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「仁恵」の読み・字形・画数・意味

【仁恵】じんけい

仁慈。

字通「仁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android